読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

新しい世界に足を踏み入れる

ハーレクインを夢中で読んでいた時期があったけれど、
飽きた。
ギリシャの大富豪”だとか”中東のシーク”、
金持ち社長も、もうストーリーが同じすぎるわ!と飽き、
いまは違うジャンルに夢中になってます。

BL,ボーイズラブ
Kindleunlimitedで読んだBL本が私の予想を裏切るストーリーで
BL本なのに泣ける話だった。
男しか出てこない中で、誰に感情移入して泣けたんだ?と不思議。

 

俺と上司の恋の話 (花恋)

俺と上司の恋の話 (花恋)

 

 上司との恋の話、なのだけれど、ゲイであることの
いろ~んな葛藤や周囲の目など、恋人たちだけの世界ではなく
周囲を描いている。
かなりの量のBL本を読んだけれども、ちょっと珍しいかも。

 

放課後の不純 (moment)

放課後の不純 (moment)

 

 男子高校生の恋を描いた一冊だけれど、
これはもう少女マンガの世界。
胸きゅんだわ~!!とBL本で思ってしまった。

ロンドンのパルはもっとエロ度高めのBL本が好きらしいけれど、
私はあっさりめで、ストーリー重視だわ~と
BL本について語る日がやってこようとは。

 

 

 

結婚式のドレス

アメリカのパルから、これってどうなの?

私にはいまひとつ素敵に見えないんだけれど・・・と

メールに添付されていた記事がこれ。

mymodernmet.com

着物の柄でドレスを作りました~というウエディングドレスが
日本で流行っているわよ~という記事。
「本当?」と聞かれても、
私が結婚式したのは10年以上前でそれ以降、
親戚の結婚式の写真を数回見た程度の私には本当かどうか
わかりかねます・・・というのが正直なところ。

ただ、印象としては、白無垢より色無垢が主流なのかな?と。
最近、花嫁になった人たち、5人中5人が色無垢を着ていた。
白いウエディングドレスに色無垢っていうパターン、
多いなぁ~と思った。
色無垢のほうがヘアスタイルもいろいろできるからかしら?

日本ではお色直しといって、2回くらい衣装を変えるから、
ドレスと着物、といった人が多いわよ~。予算によるけれど、
なんていう話をしたところ、
「あなたは?」と聞かれた。
私は白無垢にカラードレスだったけれど、
どっちも食事するには適した服ではなかったわ…。
それでも食事をしていたら、
「ふつうは花嫁は食べないのよ!」なんて親戚のおばちゃんに言われたのも
良い思い出。
次に衣装を決めるなら、ムームー着て、
しっかりご馳走を食べるのに。
あのおいしそうな私の夢が詰まったウエディングケーキを
私が食べられなかったことがいまだに悔やまれる!
「お見送りを」と言われた時、(ゲストをお見送りするため)
「そのケーキはとっておいて~!!」と叫んでおけばよかった、と。

アメリカのパルは「とても貧乏でウエディングドレスすら買えず、
祖母がかわいそうに思ってお金を出してくれた」らしい。
いろんな結婚式がそれぞれにあることでしょうが・・・
「キム・カーダシアンは3回もお色直ししたけれどね!」とも。
日本でもバブルのときなんて、4,5回のお色直しは普通だったような。

早いと来年あたりには我が家も飛行機に乗って結婚式に参列予定。
ドレスより食事が気になる。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

 

怖いのはどんな年齢の人?

ドイツのパルはグループを作ってダンスをしている。
発表する場も年に数回あるらしく、2月のパフォーマンスは
マイケル・ジャクソンの音楽に合わせてゾンビの衣装で踊る、
という話を年末からずーっと聞いてきた、手紙の中で。
私はgleeのスリラーみたいなのを想像していた。

www.youtube.com

今回の手紙でゾンビの写真が同封されていた。
残念なことに彼女は本番数日前にインフルエンザで倒れ、
会場に行くことすらできなかった、と。
ざ・・・残念すぎる。

でも、友達がゾンビ写真を送ってくれたのよ~と
その写真を私への手紙にも同封してくれていた。
ゾンビ写真、びっくりする怖さだった!!

gleeを想像していたから、20代、30代の女性たちがダンスする、
と勝手に思っていた。
彼女自身は40代なので当然なのかもしれないけれど、
彼女のダンスグループ、平均年齢50代?
いや、60過ぎている人もいる?という人たちで、
そのゾンビメイクのうまいこと、うまいこと。
えっ?素人集団じゃないの?メイクはプロに頼んだ?と
びっくりするほどのメイク。

メイクが立派だから、こんなに鬼気迫るゾンビなのかしら、と
最初は思ったのだけれど、多分、年齢。
いや、もしかして、数人、本当に墓場から戻ってきてない?という
年齢の方がいらっしゃって、その上、メイクが上手。
何人か本物がいない?人数合ってる?と、
つい返事に書きそうになったほど。

気づいたら人数が増えていたという心霊写真、
たまに見聞きする。
先日、家族旅行で泊まった旅館、宣伝写真がとても上手で
到着すると、えっ?!こんなに古いの?と驚くほど。
こどもたちは「何かでそう・・・」と怯えていた。
そして夜21時ころから、「花子ちゃ~ん」「花子ちゃ~ん」と
小さな女の子の声が聞こえてきて、
「ぎゃ~!!!」とこどもは大騒ぎし、私も固まった。
この声、我が家だけにしか聞こえない?
えっ?女の子の声でうちの花子を呼んでる?
怖すぎる!座敷童子にしては声がはっきり過ぎませんか?!と
怖かった・・・。
もう怖すぎて夜のお風呂とか行けない…と花子と言い合った。
翌朝、仲居さんに「お子さんがほかに泊まってますか?」と
聞いたら、「隣の部屋にいますよ。」と。
座敷童子じゃなかったのか・・・とほっとしたような、
残念だったような。
小さい女の子の声であんなに恐怖を感じたこと、
いままでになかったわ~。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

輸入とマニュアル

アメリカのメル友から「メイさんは禁制品を輸入したことがありますか?」と
聞かれた。
ご禁制の品?
それはカステラなんてかわいいものではなく
ドラッグ?
えぇ~、そんな危険なお手伝いはできませんし、
お金を1億積まれたら、ちょっと悩むからやめてほしいわ~と思っていたら、
”山椒”の話。

2005年までアメリカでは山椒が輸入できないものだったらしい。
もちろん、個人輸入で手に入れる人もいたらしく、
粗悪品が出回っていたらしい。
それがいまや、おいしい山椒が手に入るんですよ~!と。

へぇー(棒読み)としか言えない。
そんなに山椒で熱く語れる人、日本にもなかなかいないわよ~と
メールを読みながら驚いてしまった。

外国に荷物を送るといえば、アメリカのパルがブラジル人の友人に
誕生日プレゼントを送ったらしい。
もちろん、Gift(贈答品)のところにチェックを入れて、
もちろん、その商品はアメリカで税を取られている。
なのに、なんでブラジルで彼女が受け取るときに
また税金がかかるの?!
ブラジル人の友人にはサプライズで送ったのに、
結構な額の税金を払ったようで、悲惨なサプライズとなってしまい、
「こういうことは次からやめてほしい」と言われたとか。
あちゃー…から先が続かない。

私も何度かドキドキしながら、海外にプレゼントを送ったことがある。
ネットで、税金をまた払わされた!という話をそれこそ何度も読んだので
どこかに税金を払わされないコツがあるのか、と。

結論から言うと、コツはない。
すべては運!
どれだけマニュアル主義?!と日本でいらっとくることが多いけれど、
人によって対応が違う海外の話を聞いていると、
「マニュアル作ろうよ!」と逆のことを思ってしまう。

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

覚えられない情報

ポスクロ経由でペンパルになりませんか?というお誘いを受けることが
最近、とても多い気がする。
先週だけでも2通ファーストレターを受け取ったし、
今週もすでに「ペンパルになってくれませんか?」と二人から誘われた。

しかし、その人たちがややこしい。
もうすでにこんがらがってきた。
一筋縄ではいかない人たちなんです。

フィンランドに住んでいるロシア人、
イギリスに住んでいるドイツ人、
オランダに住んでいるイタリア人、
香港に住んでいるアメリカ人、といった具合に
みなさん、現在住んでいる国名と出身国が全く一致しない。
理由も仕事だったり、結婚だったり、語学留学だったり、
語学留学からの恋愛だったり…
へぇ~、ほぉ~と聞いているけれど、
すでに混乱中。
あれ?誰が語学留学中なんだっけ?
仕事で赴任しているのは誰だっけ?
誰が27歳なんだったっけ?とわからなくなってきた。

2通、3通と手紙をやりとりすれば、
ちょっとずつの情報の蓄積で、「そうそう、オルガはこういう人よ」
といったイメージ像ができてくるのだけれど、
いかんせんポストカード1枚と1通のEメールでは
誰が何してどういう人だったか、もう全く記憶に残らない。
同じことを聞くのはやっぱり失礼だろうし…と
同じ質問をするのはやっぱりダメかしら、と思っていたとき
インディアナ州のパルからメールがきた。

彼女と私はもうかれこれ4年の付き合いで、
家の電話番号も知っているし、
どちらかが死んだら夫に連絡してもらうことも
弔電を送ることも約束済みのそんな仲。

「メイメイ~!誕生日いつだっけ?春になったら毎年、
あなたに誕生日を聞いている気がするわ、アハハハ。
全然、覚えられない数字っていうのは覚えてる!」と。

どうよ、これ。
私は2往復くらいのやりとりで覚えられない!どうしよう?!と
焦っているというのに、インディアナ州のパルなんて4年の仲で
私の誕生日、全く覚える気ないし!
私は覚えているわよ、彼女の誕生日。
3月の…後半。←覚えてない。
毎年Googleカレンダーの通知で思い出すんだった。

インディアナ州のパルの適当さになんだか肩の荷が下りた。
私も「ごめん、何度も聞いたかもしれないけれど、
また教えて~!」と何度でも聞くことにしようっと。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

パンとエスプレッソと

 

香港のパルから手紙が来た。
彼女はパンが大好きで、おいしいパン屋があると聞くと
西へ東へと行くらしい。
毎日5キロ以上は走っているのに、パンのせいで体重が減らない、と。
いや、そもそも細いからもう減らないのでは?と思ったり。

そんな彼女にどんなパン屋が好きなの?と前回の手紙で聞いた。
クロワッサンがおいしいパン屋とか惣菜パンが好きとか、
そういう答えを期待していたら、
”日本式のパン屋”が好きだと今回の手紙で書いていた。

日本式のパン屋?
そもそも香港式のパン屋を知らないので、
日本式のパン屋が一体、どんなものなのかがわからないのだけれど
日本式のパン屋が香港では増えつつあるらしい。
そんな中でも彼女がおすすめのパン屋は
「パンとエスプレッソと」。

www.bread-espresso.jp

おしゃれでおいしいパン屋らしく、香港にも出店してきた、
と書かれていたので調べてみたら日本が本店のパン屋だった。
主に東京にあるパン屋さんで、大阪にも一軒。

香港に行ったら、ここのパン屋さんに…と思ったけれど
大阪で行ったほうが近いか。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

入学式に参列

ついに入学式も終わった。
朝6時から着付けしてもらったら最後、
もう着くずれが怖くて動けない。
天気予報に一喜一憂した一週間でしたが、
当日は完璧な雨!

新調した草履で行くべきか、下駄箱までならいっそ
スニーカー履いていても雨の日に足元を見る人なんていない?と
スニーカーと草履に最後の最後まで悩んだ。
入学式のために新調した草履、いま履かなかったらいつ履く?と
考え直して、小雨の中、草履で行きました!

知り合いのママさんやパパさんに
「メイさん!まぁまぁ!そんなおしゃれして…」
「何事?!」と驚かれた。
「普段着ですけれど…おほほほ。」と上品に挨拶。
その後も、
「華やかだわ~着物。」
「素敵な色のお召し物」と、みなさんに着物を褒められた。

入学式後の記念撮影、端のほうにいたのに、
着物は目立つからか「はい、そこの着物の人、段の上に~」と
上に上がらされ、身長があるからか、
「ちょっと右下に降りてー」と降ろされ、
「もっと横に詰めて」と横へ横へと詰められ、
「はい、オッケーです!」と気づくと、校長先生の真後ろ。
キュービックパズルのようにあちこち動き、気づくとセンター!

入学式も終わり、これで今月の行事は家庭訪問を残すのみ。
掃除しなければ…。