ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

海外文通

日本名にびっくり

娘にフィンランドのパルの紹介でペンパルが増えた。「日本人の女の子のペンパルを探しているの。花子ちゃんの文通相手にどう?」ということだったので、いいよ~と二つ返事で返した。 そして、その手紙が昨日、到着。「私は13歳で、日本名をマサオといいます…

ポスクロで気になった

ポスクロで受け取ったカードも送ったカードも3000枚を超えた。今日も私のカードがオランダの女性に届いたようです。「私もポスクロ年数長いけれど、面白いことが今日あったわ!」という登録メッセージ。彼女の娘さんもポスクロをしているらしく、どうやら、…

時代劇が流行ってる?

私の周囲だけでしょうか、香港のパルたちの日本語がおかしい!香港のパルたちとは日本語でLineや手紙をしている。そのうちの一人が、「死ぬまでにしたいこと」で、「ロシアのクレムリンに行かねばならぬ」と…。 行かねばならぬ?!どこの時代の人?時代劇で…

アメリカですること

アメリカに来たら、何をしたい?と、たまにアメリカのパルたちに聞かれる。「分厚いステーキを食べる」「大きな本屋で一日中過ごす」「国立公園を散策する」といった漠然としたものしか思い浮かばないけれど、彼女たちにはいろいろと「一緒にこれをするわよ…

切手を眺める

小1の太郎が運動会の練習疲れで発熱が続く。夏休み、だらだらとエアコンの効いた室内で過ごしてきたのに学校が始まったら炎天下で2時間、3時間の運動会のための練習。それはまぁ、当然かと…と新1年生たちはばたばたと発熱で欠席。多分、その中でも目立って発…

中国の思い出

中国の女子高生と文通中。「メイさんが切手を好きだと書いていたので、かわいいお花の切手を貼りました。」なんて書かれていて、久しぶりに初々しい高校生~!で嬉しい。 「中国にかれこれ20年前にホームステイした」と手紙の中で話すと「カルチャーショック…

習い事と孟母断機

アメリカのパルから、「バイオリンのレッスンを始めたわ!」というメールがきた。彼女は子どものときに習っていたバイオリンを再開させたらしい。「新しいバイオリンを買ったのよ!」と。(バイオリンは手や腕に合わせて買い替えが必要なためかと) 子どもの…

ハリケーンとキャンピングカー

New Camperというタイトルでメールがサウスカロライナのパルからきた。Camperって、なに?とメールに添付された画像を見ると、そこにはどでかいキャンピングカー! Ford CTVという型式らしいのだけれど、なんせでかい!!大きいっていうレベルじゃない、でか…

日本語と漢字の魔法

海外文通をしていると、たまに聞かれる。「日本語を勉強するのって、難しいと思う?」と。 それはあなたと同じ言語を母語とする人で日本語学習中の人に聞いたほうがいいのでは?生まれてから日本語を母語として育っている私には日本語は難しくないけれど…と…

びっくりなニュース

サウスカロライナ州のパルから、手紙が来た。 "Firstly,I loved your story about Hanakno talking the English class and using "Japanese,please." as a get-out-of-jail card.I tell everyone that story.That girl is going places!" 「まず最初に、花子…

ロシアの切手

切手を剥がすのにハマっている。 切手を剥がして、コラージュに使ったり、クラフトに使ったりするわけではない。実は、夏休みの自由研究にしようと思っていた。切手は各国の歴史的人物や建造物がデザインされていることが多いので切手一枚からわかる、その国…

ペンパルが増える

フィンランドのパルから「日本人の文通相手を探している人がいる」とwhatsappでメッセージがきた。「11歳の女の子なの。」と…うちの娘に文通相手になってくれない?というお誘いだった。 11歳同士の文通。各国のパルのこどもたちと文通を我が家の娘もしてき…

世界は狭くて広い

ドイツのパルから手紙が来た。彼女は児童養護施設のようなところで働いていて、今日は夜勤の日ではないけれど、泊まることになって、眠ることもできなくて手紙を書いているの、と。 その児童養護施設の周囲でnazi parade(ナチ パレード)がここ最近、繰り返…

ムジ、知ってる?

カナダのバンクーバー在住のパルから手紙がきた。彼女とはまだ3通目くらいの仲ですが、どうやら文房具がかなり好きらしい。 今回の手紙の中で、彼女が聞いてきたのは「あなたは前回、万年筆を使ってたわよね?そのインクの色がとても素敵だったんだけれど、…

ファンシー?

新しいパソコンになった。 長年使ったVAIOがディスクエラーとやらになったようで、固まる、固まる…となり、日に3回フリーズしたときはちゃぶ台返しならぬVAIO返しをしそうになった。 「決め手は安さ!」という理由で新しいパソコンが夫により選ばれた。リク…

アルジェリアから手紙

アルジェリアのパルが郵便事故に遭ったかと心配していた手紙、今日ついに到着。消印の日付は7月16日。ほぼ40日!アルジェリア、今回は遠かった。いつもはアルジェリアから2週間かからずにつくのに。日本からの場合は速達にすると、10日前後で。速達をつけな…

出会わないことに乾杯!

昨日の夜、家族で車に乗っているとき、横断歩道横に白い服を着てぼーっと立っている男性がいた。花子が「お母さん、あの人見える?」と聞き、私も気づいたけれど、つい「ひゃあ!!」と声が出た、そんな男性だった。「足があるし、見える!」と私が言い、幽…

その言語、何年目?

私のポスクロのカードが失効ぎりぎりの59日目に中国に着いたらしい。中国の人には中国語でメッセージを書いている。そうすると、かなりの確率で中国語で返信が来て、「意味がわからない!!」と香港や台湾のパルたちに助けを求めることになる…。今回のメッセ…

タイからの手紙

タイのパルから手紙が届いた。封筒に貼られた切手を見てびっくり!切手がタイの国王!それなのにお顔に消印がある。タイって…不敬罪がきびしいと噂に聞く。これはいいのか?とちょっと心配になった。 彼女は短い休暇に旅行に行き、体調を崩したらしい。「旅…

シャーロッツビルとバージニア大学

シャーロッツビルの白人至上主義によるデモ、対岸の火事だと思ってニュースを見ていた。白人至上主義の男性たちが松明(KKKのシンボルだとか)を片手にバージニア大学(以下UVA)を行進したのを写真で見たとき、ぞぞぞっと背筋に冷たいものが走った。 バージ…

女神のまつげ

ロンドンのパルに花子が熱心に観察している植物の写真を送ったら"Venus Flytrap!!"(女神 ハエの罠)と返ってきた。 ・・・あんだって?とついバカ殿のように聞き返してしまった。食虫植物、英語ではCarnivorous plantsという。カナダやアメリカのパルたちに…

『小さいおうち』

72回目の終戦記念日、それぞれの思いがあるのだろうと思う。私にとっても8月は祖父母の戦争体験を聞く夏休みの思い出で毎年いっぱいになる。祖父は8月25日が誕生日で、終戦の年の8月25日で15才になり「ついに兵隊さんになれる!」と思っていたのにその前に戦…

『サトコとナダ』

久しぶりに面白そうな本を見つけた。『サトコとナダ』アメリカでサウジアラビアの女の子と日本人の女の子がルームシェアしたコミックエッセイ。ネットでも読めるので、ネットで読んでみた。(本では描き下ろし漫画もたっぷりあるらしい) sai-zen-sen.jp イ…

運転初心者と親心

ポスクロのカードがアメリカから来た。ポスクロのメッセージ、カードについての紹介を書いてくれる人、自分のお国自慢をしてくれる人、自己紹介をする人、といろいろいるけれど、彼は「子どもって成長が早いよね~」と書いていた。 Now he is 16 years old a…

よくわからない人

年に3,4回しか手紙がこない某国のパルがいる。別の国に旅行に行っては、ふら~っとハガキをくれたり、「旅行でこんなものを食べたんだ!」とレシートの束を封筒に入れて送ってきたり、変わった人だなぁという印象はあったけれど、印象が覆されることもなく…

食いしん坊一家

この頃、食わず嫌いの人が意外に多いことに驚いている。私は、「これ、おいしいよ」と言われれば、すぐに口に入れてしまう食いしん坊。我が家のこどもたちも唯一苦手なものはゴーヤで、それ以外は好き嫌いがない。 アルジェリア、オランダ、ドイツ、ポーラン…

死ぬまでにしたいこと

アメリカのパルに手紙の中で「バケットリストってある?」と聞かれた。Bucket List、死ぬまでにしたいことリスト。突然聞かれても思い浮かばず、夫に聞いてみた。 「そういえば、前に観た”人生うんたら”っていう映画がそんな話だったなぁ~」と夫が言い出し…

ポスクロIDに四苦八苦

ポスクロで、たまに全く文字が読めないハガキがくる。文章は単語の前後の文字で、多分…という類推ができるけれどポスクロのIDが読めないときがある。 今回のIDも読めなかった。夫と「これは2?」「これは8?」と5,6回数字を当てはめやっと正解にたど…

ドイツ人と天気

ドイツのパルたちが私のパルには多い。ドイツのパルたち、手紙の挨拶部分が他の国のパルたちに比べて長い、とは常々思っていた。 アメリカのパルたちは「元気?早速だけれど、伝えたいことがいっぱいなのよ!」といった具合にすぐに本題に突入することがほと…

自分の性格を考える

チェコのパルに「あなたって、どんな性格?」と手紙で聞かれた。自分の性格は自分自身でもよくわかってない上に他人からの性格評価にも「えぇ?!」と未だに驚かされる。 ロンドンのパルは私のことを「日本人らしくない。」と言う。前例とか伝統とかより合理…