ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

海外文通

スタジオ アパートメント

以前、日本の東北に住んでいたアメリカのパルがアメリカに帰国して数回目の引っ越しをしたらしい。”studio apartment"へ。 (Flicksより。イメージ画像) スタジオ アパートメント?なにそれ?と思って、ネットで調べると日本でいうところの1LDKかと。広さは…

強烈なチャイ

お菓子が届いた。 久しぶりの海外のお菓子!とこどもたちは大喜び。 インドのチャイもやってきた。ティーバックではなく、粉末タイプ。100mlのお湯を入れるだけ、のインスタント。飲んでみた…シナモンのすごい香り、シナモンきつめ!そして、喉にくる生姜。…

友情と星

ロンドンのパルは私のパルの中でも一番の古株になるほど、長い付き合い。かれこれ7年ほど。彼女には「夫よりメイと話している時間が長いと思う」と言わせたこともあるほどにおしゃべりをしてきた。自慢じゃないけれど、彼女のきつい時期も幸せな時も共有して…

カチンときたひとこと

アメリカのパルから手紙が来た。前回の手紙は”義母に言われてカチンときたひとこと”。 先々月の義祖母の法事で、”御香料”と書いた香典袋を使ったことを親戚の前で叱責された。「メイちゃん!なんてことをやってくれるの!!」と。いや、そこまで言うほどに表…

三者面談

花子の中学校で、もうすぐ三者面談がある。初の三者面談。「いろいろ言いたいことがあっても、三者(親、先生、子ども)だと言いにくいからいやだわ。」と、保護者からもすこぶる評判のよくない三者面談。担任からは三者面談の日時をお知らせするプリントと…

意外なセレブ

ヴァージニア州のパルは最近、引っ越しをした。そのとき、とても役立ったのは「Konmari」、コンマリだと教えてくれた。コンマリ、ついにアメリカのパルから名前を聞くことになるとは!コンマリこと近藤麻理恵。バージニアのパルも物が捨てられない性分らしい…

なでしこジャパン

フランスの元軍人ママパルからメールが来た。「メイ、今日の私の予定を当てて!!」という無茶ふりで。 …パリへ行くとか?彼女の夫さんが操縦するヘリに乗る?こどもたちが帰ってくるから夕飯を作る?あなたの予定、わかるわけないじゃん!!と返信したら、…

イランのファーちゃんの花嫁衣裳

イランのファーちゃんからラインがきた。ファーちゃんの結婚式の写真!伝統衣装?!とわくわくしながら見たら、白いウエディングドレスだった。日本でもよく見かけるような…。 中学校の社会でイスラム教を勉強してから、イスラムの世界に興味津々の花子に「…

英語の回文

花子の中間テストの勉強で意外に時間がかかったのは英語のスペルを覚えること。中学校時代の英語の教科書、私は国語の教科書のように音読して丸暗記方式でほぼ満点だったけれど、花子は暗記に苦戦。 アルファベット4つまではいける。take,come,washといった…

根性

久しぶりに風邪を引いた。一人が風邪をひくと、次々と家族ももらっていくもので…私も久しぶりの風邪。インフルエンザかと思うほどぐったり…と言いつつ、二日で復活!二日寝込んだだけで、「…泥棒でも入った?」と思うような惨状に部屋がなっていた。 そして…

あちこちで事件発生中

昨日は衝撃的なニュースが飛び込んできた。ホルムズ海峡での日本の船舶を含む2隻のタンカーが何者かの攻撃を受けた、と。こどもたちに「海賊?海賊が現代にいるの?」と聞かれ、そもそもホルムズ海峡って、どこ???レベルの私、地図を調べて…勉強した。イ…

イスラム教

今朝は5時にラインの着信音で目が覚めた。こんな朝早くに誰やねん!!救急車とか病院とかお葬式以外だったら、怒るわよ!と思ったら、相手はドバイのパル。 いつもはwhatsappなのに、なぜかライン?しかも、しばらくぶりね~どうしたの?と聞くと、彼女はス…

お葬式でかける言葉

ロンドンのパルの夫の祖母が亡くなった。今日はそのおばあちゃんのお葬式。ロンドンのパルに「日本ではお葬式になんて言う?」と聞かれた。 一般的には、「ご愁傷さまです」と消え入るような声で言う、だと思う。遠い関係であれば、この平凡な使い古された常…

誕生日小包

ロンドンのパルが誕生日の小包を送ってくれた。 これ以外にもゴディバのチョコレートもあったけれど、すでに我が家のそれぞれのお腹の中に。高級なチョコレートは味が濃い! 浮かれていた花子の中学校生活、あの小学校を校区に含む中学校…まぁ、こうなるわな…

ニート?

ロンドンのパルに夫が作ったアメリカのケーキの写真を送ったところ、"Looks neat."と返ってきた。 ニートみたい…。ニートって、あれ?あの教育を受けているわけでも働いているわけでも職業訓練をを受けているわけでもない人たち?アメリカのパルが送ってくれ…

アメリカのケーキ

インディアナ州のパルが送ってくれたケーキミックス! そして、上にかけるクリームも。 上部にはアイスにかけるような色鮮やかな砂糖のつぶつぶがあったけれどすでに使用済み。このクリーム、牛乳もなにも混ぜなくても開けたらそのまま使える。 砂糖のつぶつ…

眼鏡の英語は?

先日、花子にドヤ顔で聞かれた。「お母さん、メガネって、英語でなんて言うか知ってる?」と。 …私に眼鏡って英語で言えるか聞いた?10代の娘の扱いに手を焼くって話をロンドンのパルやアメリカのパルたちに英語で愚痴っている私に”眼鏡”の英語?「・・・」…

愚痴は続くよ、どこまでも

線路は続くよ、どこまでも…ではないけれど、サウスカロライナ州のパルにも花子の爆発を愚痴る。 花子は自分の置かれている状況のありがたさ、いかに恵まれているかがわかってないわ、と。コロラド州のパルに愚痴ったとき、彼女は「うちの子たちにも私はそう…

STEM教育

ロンドンやアメリカのパルたちに花子の得意科目を聞かれた。中間テストではまさかの得意な数学に足を引っ張られる、という事態に陥ったけれど。それというのもケアレスミス、ケアレスミス、ケアレスミス!! 花子の得意科目は絶対に「数学」「英語」「理科」…

恵まれた環境

花子の英語のワークの問題。 Hello ( ). みなさん、こんにちは。 このカッコに入る英単語…everyoneだろうとは思いつつ、でも、これって、thereでもよいのでは?と思った。 ロンドンのパルに"Hello there."と"Hello everyone."どっちがいいと思う?と聞くと、…

爆発とマラソン

先日、花子が爆発した。「勉強が終わらない!!」と。その日は珍しく学校の宿題が多く時間がかかり、その上に期末テストに入る前にZ会の添削問題もやっつけて…とやっていた花子、リビング学習をしていると勉強している花子の横で宿題を終え、遊ぶ小学生の弟…

保護者への手紙 in USA

アメリカで小学校の先生をしているパルから、日本人の児童の親宛に手紙を出したいのだけれど、日本語にうまく訳せないから手伝ってくれない?とメールが来た。いつものように「いいよ~」と安請け合い。 どうやら、日本に一時帰国した児童が先生へお土産を渡…

金無垢の友情

インディアナ州のパルからもらったバースデーカード。 各種、韻が踏んであって、おもしろい…んだろうけれど英語学習者の私にはレベル高い…。 例えば…Say it LOUD,we're downright proud and when we laugh we tinkle. (大きい声で言おう、私たちはとても誇…

フィンランドの花見

フィンランドのパルから「花見に行ってきたわよ!」というメッセージがきた。彼女たち一家、花見に浴衣で行っていた。浴衣…花見に?まぁ…日本的っていうくくりでは一緒? 花見はすごい人々でフィンランドのパルが送ってくれた写真には子どもの背丈ほどの桜の…

誕生日週間なのに疲労困憊

すでに2枚の誕生日カードが私宛に届いた。 毎年、この時期はわくわくする。誕生日をうれしくなくなったという人もいるけれど私はいくつになっても誕生日はうれしい。一年で特別な日!なわけで、何を食べようか、とか何を買おうかとかいつもとは違う贅沢なも…

自在置物

ロンドンのパルから"jizai exhibition"に行ってきた、とメールが来た。 jizai exhibition…ジザイ展覧会?jizaiではなくjidaiではないの?昔の衣装とか小物とかの展覧会?と聞くと、”jizai okimono"と返ってきた。 自在置物、あぁ~!それか!!って、わかる…

新たに知った英語

インディアナ州のパルの手紙にはいつもたくさんの英語やアメリカの発見がある。例えば、「私は本当に滅多にあいつは誰からも尊敬されてない、なんてことは言わないのよ、本当に。でも、彼は本当に誰からも尊敬されてないんだから。」という言葉で始まった話…

インディアナから小包

インディアナ州のパルから小包が来た。 中にはたくさんのお菓子… バースデーカードに家族全員へのクリスマスプレゼント(去年)にイースターのお菓子に…どでかいリース。 大きさにびっくり。 たくさんのチョコレートやカード、誕生日プレゼントはもちろんう…

とんちのような

アメリカのパルが手紙の中で書いていた。「あなたの謝辞がなぜ成功したかわかるわ。あなたの人柄がでている文章で、誠実さが伝わったのよ!」と彼女は褒めてくれた。いやぁ…照れる、とお世辞はそのまま受け取る。 アメリカやイギリスのパルたち、”人柄がにじ…

時の経過

アメリカではもう修了式&卒業シーズン…。ということで、海外のパルたちから学校が休みになったらキャンプに行こうかな~とか旅行に行くの~といったものから楽しいお話がたくさん聞こえてくる。いつもなら、「日本はまだ1学期が始まったばかりだっていうの…