ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

海外文通

話題のドリルを購入!

いま話題のドリルを我が家もこどもたちに購入!ママ友から「漢字嫌いの娘が笑いながらするドリル」なんて話を聞くと、我が家のこどもたちにも!とつい買ってしまった。 日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学5年生 作者: 文響社(編集) 出版社/メーカ…

国内文通と海外文通の違い

国内文通相手でしかも学生時代の友人などではなく、ネットで知り合った女性と文通している。彼女が「だんだん文通相手が減ってきた」と書いていて、そういえば、私も…と気づいた。海外文通の相手はポスクロでお誘いがかかったり、どこで回っているんだかのFB…

チョコレート通りとココア通り

ポスクロで受けとったポストカード、アメリカのペンシルバニア州から。 アメリカでは、チョコレートといえばHershey's!というくらいに大手のチョコメーカー…らしい。アメリカのパルたちにチョコが好きだというと、「ペンシルバニア州に行かないとね!」と言…

郵便物で娘に驚かれる

昨日、ポストに入っていた郵便物を見た娘の感想が「珍しい!」だった。ポスクロ1通に手紙が4通。ポスクロが少ないことが珍しいの?ポスクロ、たまにどさっとくるだけで、普段は数枚ずつぱらぱらくるのよ~と話したら、「そこじゃない」と言われた。 「これ、…

価値観と性格と

アメリカのパルから来た手紙に書いてあった。 "People are entitled to their viewpoints,and who am I to say that I am right and you are wrong.I have never understood that mentality."(みんな自分の価値観を持つ権利があるのよ、どうして私に私が正…

「残念ね~」を英語で言うとき

日本語能力検定2級を12月に受験予定のアメリカ人の知人。友人なのか、知り合いなのかよくわからないので知人。いや、メル友?彼から聞くアメリカ情報は新鮮!なんてたって、日本語だから。彼の日本語の間違い、動詞がおかしいときなど、そのまま私が英語で間…

イギリスのパルから

イギリスのパルから送られてきたカード、 「これを見たら、あなたを思い出したのよ。」と。 ”One of a kind"、ロビン・ウィリアムズが亡くなったとき、オバマ大統領がロビン・ウィリアムズを評して言ったり、『デスパレートな妻たち』でイーディスが死んだと…

家庭訪問と女優

カナダのパルから「歯医者に行ってきた」とメッセージがきた。歯医者が嫌だ、憂鬱だ、と歯医者の予約が近づくといつも私が愚痴っているけれど、「歯医者が楽しくないことを思い出した」と、カナダのパル。 「ところで、あなたは何をしているの?」と聞かれ、…

エイプリルフールが続いていた?!

ダウントンアビーでよく盛り上がっているアメリカのパルから手紙がきた。今回は間隔が空いているな~と思っていたら、彼女は私からの手紙を待っていたらしい。あら?私は出したでしょ?と思いながら読んで吹き出してしまった。 「あなたからのメールを受け取…

日本のカルトについての質問状

サウスカロライナ州のパルから分厚い手紙が届いた。中には彼女により印刷されたA4らしき紙も入っている。彼女は、私に”アメリカのゴキブリはこんなのよ~”と過去にゴキブリの写真を印刷して送ってきたことがあるので今度は何!?とどきどきで紙を開く。中か…

イースターのカード

ドイツのパルからイースターのカードが送られてきた。彼女は航空会社勤務の高所恐怖症。フライトアテンダント?それでいて高所恐怖症?と思ったら、地上で案内する係りだそうで、飛行機に仕事で乗ることはないらしい。 航空会社勤務だけれど、車と電車の旅が…

結婚式のドレス

アメリカのパルから、これってどうなの? 私にはいまひとつ素敵に見えないんだけれど・・・と メールに添付されていた記事がこれ。 mymodernmet.com 着物の柄でドレスを作りました~というウエディングドレスが日本で流行っているわよ~という記事。「本当?…

怖いのはどんな年齢の人?

ドイツのパルはグループを作ってダンスをしている。発表する場も年に数回あるらしく、2月のパフォーマンスはマイケル・ジャクソンの音楽に合わせてゾンビの衣装で踊る、という話を年末からずーっと聞いてきた、手紙の中で。私はgleeのスリラーみたいなのを想…

輸入とマニュアル

アメリカのメル友から「メイさんは禁制品を輸入したことがありますか?」と聞かれた。ご禁制の品?それはカステラなんてかわいいものではなくドラッグ?えぇ~、そんな危険なお手伝いはできませんし、お金を1億積まれたら、ちょっと悩むからやめてほしいわ~…

覚えられない情報

ポスクロ経由でペンパルになりませんか?というお誘いを受けることが最近、とても多い気がする。先週だけでも2通ファーストレターを受け取ったし、今週もすでに「ペンパルになってくれませんか?」と二人から誘われた。 しかし、その人たちがややこしい。も…

パンとエスプレッソと

香港のパルから手紙が来た。彼女はパンが大好きで、おいしいパン屋があると聞くと西へ東へと行くらしい。毎日5キロ以上は走っているのに、パンのせいで体重が減らない、と。いや、そもそも細いからもう減らないのでは?と思ったり。 そんな彼女にどんなパン…

小包を送った、その後

インディアナ州のパルにパジャマのお返し小包を送った。「お返しはいらないわよ!いままでにたくさんもらっているわ」とメールに書いてあったけれど、「これは誕生日の小包よ~。」と送った。 靴下にしようか、ピアスにしようか、文具か…と悩み、やっぱり「…

返事が遅れた理由

12月にファーストレターがきて、私もすぐに返事を出し、(ファーストレターやその返事は3日以内に出す主義!)そして、そのまま…だったアメリカのパルから返事が来た。 「すぐに返事をくれたのに返事がこんなに遅くなってごめん。」という言葉と返事が遅れた…

フィンランドのパルと電話

フィンランドのパルとは4年ほど文通をしていて写真や動画を送りあったりはするけれど、電話はなかった。彼女は今年の夏、一家で来日し、大阪で一緒に観光予定。「案内してくれるの?」と聞かれましたが、一緒におのぼりさんをするだけです…。 彼女は日本語ス…

今年もエイプリルフール!

今年のエイプリルフール、すっかり忘れて家族旅行に出かけていたら、夫に「今年はエイプリルフールしないん?」と聞かれ、はっっと思い出した。 日本の友人にはホテルの洗面所の写真を送り、「現在家出中」と添付してエイプリルフール。友人が3人だけ「何が…

たまには違う郵便局

海外文通をするようになり、よく切手を買うようになった。小包も出すので、郵便局には月に2回は行っている気がする。そんな私には”行きつけ”の郵便局がある。前は車で10分ほどの小さな郵便局の女性局員さんのいる郵便局が対応がしっかりしていて、そこば…

想像より重かった小包の中身

小包が郵便受けに入っていた。送り主は全く知らない名前。こういうときは、ポスクロからの人、ということが結構ある。「チョコが大好きです!」とポスクロのプロフィールでも書いているので「私の国のチョコも味見してみる?」とチョコを送ってくれる親切な…

海外のパルたちが読む日本人作家

海外のパルたちから「今、読んでいる本は○○」、というLineやメールをよくもらう。この頃、日本人作家率が上がっている気がする。イギリスのパルが「Syusaku Endou "Silence"」を読んでいる、と。それって…まさか遠藤周作の『沈黙』?!キリシタン弾圧の…

スヌーピーからの返事

「ファンレターを出したら返事が来たの!」という話をバージニア州のパルに手紙でしたら、「私もファンレターを一回だけ出したことがあるわ!」と。 ファンレターの宛先はPeanuts!スヌーピー! 返事が来たらしく、「これは作者の直筆サインよ!」と秘書から…

引きこもりと桜

小学生の花子と太郎が通知表を持ち帰った。絶対評価という小学校の通知表、謎だらけで「どういうふうに考えたらいいの?」と現役小学校教諭ママに聞いたことがある。「小学校の通知表は当てにならないわよ、あははは」だそうです。先生がそれを言っていいの…

趣味が同じで同じ本?!

バージニア州のパルとは共通点がたくさんある。観ていたドラマがほとんど同じで、映画の趣味も同じ、ダウントン・アビーファンのところも同じで、『傲慢と偏見』について熱く語ってしまうところも同じ。そんな私に彼女は「あなたは私と同じで学校でボランテ…

ダイエットを頑張らない春

ダイエットの季節がやってきた。パルたちの手紙もなぜかみんなダイエットの話題。香港のパルのストレス発散方法はジョギングらしく、毎日走るらしい。特に今はストレスがすごいらしく、たくさん走り、どんどん痩せていくからダイエットはいらないの~と。ま…

アメリカのメル友が見るNHK

新しくメル友になったアメリカの新米ママさん、私のことを”survivor"(生き残った人)という。彼女の5か月の娘ちゃん、寝ないらしい。あぁ、うちの花子も寝ない子で、常にスリングに入れるか抱いていてトイレにはダッシュで行った。背中にセンサーがあるらし…

ファンレターを出してみた!

知り合いのパパさんが平井堅と同じ中学校出身だったと聞き、すごい!すごい!と興奮してしまった。もう「やばい、マジやばい」と”やばい”を繰り返す若者をバカにしていたけれど、私も興奮したら”すごい”しか出ないのか…と気づかされた。 そのパパさん、海外…

フィンランド人から清少納言?!

フィンランドのパルが京都に一か月滞在したフィンランド人女性の 本よ~と紹介してくれたのがこれ。 美しい表紙!これ、ちゃんとした日本の絵だわ。 私でも買ってしまう美しい表紙! フィンランドのパルが言うには、作者は全く日本語がわからない フィンラン…

ダイエットとお礼の言い方

夫とダイエット中。スーパー糖質制限(三食すべて糖質制限すること)なんて無理なので腹八分運動展開中ですが、夜になると「ひもじぃぃぃぃい」と夫と語りながら寝ている。私たちの中では7キロは減ったね!というひもじさなのに1キロしか減ってない。 そんな…

言語交換は難しい

ロンドンのパルが私よりも漫画の新刊情報に詳しいときや海外のパルたちが日本で限定発売されているキャラクターのぬいぐるみ情報を知っていたり、海外のパルたちに日本の漫画を紹介されるとき、「アンテナ、すごいね~!!」と言いたくなる。でも、これをそ…

お腹が空く本

知り合ったばかりのアメリカ人男性に 食べ物の本を紹介して!と言われた。 食べ物の本…と思い出したのはこの2冊。 残るは食欲 (新潮文庫) 作者: 阿川佐和子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2013/03/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る …

オーバー表現

"Your English is fluent!" (あなたの英語は流暢だねぇ) と知り合ったばかりのアメリカ人に言われ、なんだかとても複雑になり、あぁ、まだまだ勉強が足りないってことね、と思い知らされた。そんな話を日本の友人にしたら、「天邪鬼」で片づけられたのだけ…

やってしまった…

郵便物の中に郵便局からのメッセージがついたものがあった。 「お客様の郵便物は現状のまま到着いたしましたので お返しいたします」と。 えっ?住所間違えた?と思ったら、名前も住所も書いてない空白の封筒! しかも、空っぽ。 よく我が家に戻ってきたわね…

いい人なんだけれど…と言いたくなるとき

毎月1度、定期便のように手紙を出すパルの中にラジオのDJをしているパルがいる。 bitter-chocolate3.hatenablog.com 彼は珍しく続いている男性パルの一人で、ブログをさかのぼるとかかれこれ2年文通している。こういうときに備忘録のようになっているブロ…

10代のこどもたち

アメリカのパルから手紙が来た。彼女はいつもタイプレターだけれども、読みにくい文字に四苦八苦するよりは、タイプレターのほうがいい! 彼女は現在子ども3人が10代。お互いに連れ子を連れての再婚カップルで、最初の手紙で誰と誰が私の連れ子で…と読んだ気…

ココナッツ!ココナッツ!和菓子?

ロンドンのパルが送ってくれたお菓子の中で家族のみんなが「甘すぎる!」と手を出さないのに私一人が延々と食べてしまっているものがある。それがこれ。 coconut ice(ココナッツ アイス)とあるけれど、アイスクリームではない。ココナッツの砂糖漬けかと思…

ロンドンのパルから小包到着

ロンドンのパルから小包が届いた。 タイミングを合わせたわけではないのに、 私が日本酒(またしても兵庫のお酒)を送ったタイミングで 「実は私もお菓子便を用意しているところ」とロンドンのパル。 1日の差で私が早く出し、ロンドンにも5日で到着。 そして…

パーソナルスペースはどのくらい?

サウスカロライナのパルからメールがきた。「いま読んでいる本によると、日本人は西洋人に比べてパーソナルスペースが狭いって書いてあるんだけれど本当?あと、本によると、プライバシーって言葉が日本語にはないって書かれているんだけれど、本当?」とメ…

終わらないミシン生活

ドバイのwhatsappつながりのパルから「元気してる?」とメッセージがきた。結構、長い付き合いになるはずだけれど出会った時に彼女が女子大生だったので、私の中ではいつまでも女子大生。その彼女が去年は朝5時起きで公共交通機関に揺られて銀行で研修を受け…

便箋も地味に無愛想に

年をとったと思うときは人それぞれなんだろうけれど、私は”便箋”で最近、感じる。もうかわいいのを受け付けない。リラックマやチョコパ、スヌーピーのレターセット、かわいい~!と大事にとっておいたのだけれど使う気になれない。前はもったいなくて使えな…

コロラドのパルから小包

私にはカレンダー、シール、バレンタインカードにグミ。 こどもたちに、と英語の絵本や書き取りなどなど。 中身はこんな感じで、アルファベットの練習もあれば、 数字を順番につなげていくドリルもあり、 こどもたちの年齢を考慮してくれている細やかさ。 ス…

原題から遠く離れすぎて

フィンランドのパルからロンドンに行ったときに 買った日本人作家の本を読み終わったわ。 面白かったわよ~とwhatsappでメッセージが来た。 誰のなんていう本を読んだの?と聞いたら、これだった。 川上弘美!! 日本では結構、有名な女性作家よ~、彼女の本…

リベラルって、なに?

コロラドのパルとヒスパニック系やラテン系の人たちの話をしたとき彼女は何度も”Liveral"(リベラル)と彼らのことを言った。リベラルって…日本語では革新的って訳す。 「ヒスパニック系はリベラルだから、メイのことを保守的に思ったんじゃない?」とコロラ…

おとなしい人?

コスタリカのパルからの手紙に「あなたはもっと自分の意見を言うべきよ」 と書かれてあって、久しぶりに驚いた。 コスタリカではおとなしいほうに私が分類されるの? 海外のパルたちと話していて、 日本の基準と違うなぁ…と思うことは多々ある。 距離の近さ…

新しい出会い

オランダのパルからメッセージがきた。「いまナーバスになっている」と。 彼女は市民センターで絵画を教えているのだけれど、そこにシリアからの難民が9人、入ってくることになったらしい。性別も年齢も全くわからない人たち。もちろん、バックグラウンドも…

恥らう本

オランダのパルと読んでいる本の話になった。私が今読んでいるのは初めての作家。 さようなら、オレンジ (ちくま文庫) 作者: 岩城けい 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2015/09/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (10件) を見る まだ読み始めたばか…

憎悪犯罪

インドのスーと久しぶりにLineをしていた。 新しい車の話や彼女の友人の話をしていて、 ついでに噂の彼の話になった。 噂の彼、トランプ大統領。 スーが「カンザスの事件知ってる?」と聞いてきた。 カンザスの事件? なにかあったっけ? 知らないわ~と…

甘酒

「ココアを飲みながら手紙を書いている」とか 「紅茶を飲みながら手紙を書いている」と最近よく手紙に書かれている。寒いから、温かい飲み物がほしくなる。 我が家ではいまは甘酒!前は断然米麹の甘酒だったけれど、夫が会社の人から沢の鶴の酒粕をもらって…