ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

海外文通

アメリカでカルチャーショック

アメリカのパルが3年ぶりにアメリカに帰国する。「私、どきどきしているっていうより、ナーバスなのよ。日本に慣れすぎてしまって、アメリカできっとカルチャーショックを受けると思うの。」と彼女が手紙で書いていた。 いやいや、日本に3年いたとしても、ア…

旅行者いろいろ

イランのファーちゃんがトルコに女二人旅をしたらしい。イラン人がトルコ旅行、女二人旅?!と衝撃を受けたことを正直に話したら、「イランについての情報が古いんじゃない?!」といつものように怒られた。 ファーちゃんが送ってくれたトルコでのクルージン…

フィンランドのパルに会いに大阪へ!

フィンランドのパルと大阪で会ってきた!そして、”トンボ帰り”。大阪滞在時間は3時間!「早すぎ…」と大阪の友人に絶句された。 大阪に向かう車中で、フィンランドのパルに私が選んだレストランを4,5箇所送って、フィンランドのパルも「ここが素敵!」と言…

フィンランドのパルのリクエスト

フィンランドのパルと会う日が近づいてきた!フィンランドのパル一家の大阪での滞在先周辺は、「どんなところ?」と大阪在住の友人に聞くと「ビジネス街」と言われた。飲食店は無数にあるわよ、という友人の言葉通り、無数にありすぎて、絞りきれない。しか…

キャパオーバーな英語

サウスカロライナ州のパルから、久しぶりの手紙が来た。「甥っ子が来ていて、忙しいの!」というメールを先々週に受け取っていたけれど、想像以上の忙しさだったらしい。彼女から初めてのタイプレター(印刷された手紙)だった。 A4で2枚、ぎっしり書かれ…

住んでいる街の説明

ファーストレターを今月はたくさん書いた気がする。正確にはファーストレターを受け取って、その返事…で、その返事の返事…ややこしい。とりあえず、私の2回目の番がきたのです。そして、かなりの確率で書かれていて、いままでもかなりの頻度で書かれることが…

リラックマ切手を求めて…

リラックマの切手が発売されて数日経ったけれど、(7/26発売)ついに郵便局へ行くぞ! www.post.japanpost.jpリラックマの82円切手2シートとリラックマの62円切手10シートを買うぞ~!!と意気込んで、いつもの郵便局へ。 「リラックマの62円切手を…」と言…

二者面談とプロアクティブ

最近の話題は…こどもたちの”個人面談”のこと。私がパルたちのこどもたちを親戚のおばちゃんのように知っていて、心配したり、怒ったり、一緒に喜ぶようにパルたちも我が家のこどもたちのニュースで一喜一憂してくれる人が多い。 こどもたちの二者面談、小1の…

ポケットレター

カナダのパルは新しいクラフトのものを探すのが大好き。スクラップブッキングに手帳に書き込み系のもの、いろいろとそのたびに「こんなのあるの知ってた?」と私にも紹介してくれる。 そんな彼女が最近、紹介してくれたのはPocketletter。ポケットレター?聞…

食事を見せ合う

フィンランドのパル一家が東京に滞在中。「フィンランドの家にしばしのさようなら~!!」というメッセージをwhatsappでもらい、「日本についに着いたわよ。暑い、暑い、蒸し暑い…」というメッセージをもらった。 日本で最初の買い物はキャラクターものの靴…

車椅子体験中

小5の花子が家でこけたら、痛くて歩けない!と泣く。まさか骨折?!と焦って整形外科に連れて行き、レントゲン撮影をしたものの”捻挫”ということで湿布だけ。 泊りがけの海水浴を計画していたので、湿布を貼って、そのまま海水浴へ!明日にはよくなるさ~!…

貝になれない

ロンドンのパルからハングアウト(Lineのようなもの)でメッセージがきた。「手紙を送ったわよ」と。小包は不定期で送りあうけれど、”手紙”って、最後はいつだったっけ?というくらいロンドンのパルには書いてない。私たち、3日に1度は30分以上はハング…

中国からポスクロ

アジアのパルといえば、香港のパルが3人に台湾のパル2人で、気づくと中国のパルがいなかった。中国人の友人たちにも「あんなに大学時代は中国人に囲まれていたメイが?」と驚かれてしまった。中国語の全盛期は中国人留学生の友人が多かった大学時代かも。中…

DNAにおっちょこちょい

小5の花子はなぜかいま英語に燃えている。もうすぐある英語での国際交流に向けて英語の練習に余念がない、そんな花子に、「お母さんは英語を間違えたりする?」と聞かれた。自信満々に答えた。「もちろん!!」 例えば、先日…筆記体できた手紙に書かれていた…

連休明けのポスト

我が家は僻地ではないはずなのに、最近、手紙が届かないわ~と思っていた。ダイレクトメールは来ていたので、郵便屋さんはきているらしいのに我が家には手紙もポスクロ一枚もこないまま連休へ。 そして、連休明けの今日のポストはポスクロのカードだけでコレ…

カフェ併設の本屋

近くに大型本屋ができるらしい。そこにはカフェ併設だそうで、未購入の本を持ち購入したコーヒー片手に読書ができるらしい。私も何度かそういう本屋に行ったけれど、私にはくつろげない。未購入本を汚したら???と心配になるので、私は購入してからコーヒ…

梅田で冒険!

三連休、あちこちで楽しく過ごされた人も多い中、私は帰省して熱中症になった。丸二日間ダウン。 ちょっと暑い?と思いながら台所で料理を手伝っていたら頭痛がしてきて、「これはまずい気がする…」とエアコンの効いてない部屋で横になっていたら、あれよあ…

筆記体に燃える

私だけでしょうか、筆記体で手紙がくると俄然、燃える。「読んでやろうじゃないの!」とまず最初に火がつく。 筆記体でも美しい人と美しくない人、教科書のようなわかりやすい筆記体の人、崩しすぎて、自己流すぎてこの単語は…と類推適用がいる人、とそれぞ…

アメリカ独立記念日

7月4日はアメリカ独立記念日。「祖母の家に行って、独立記念日を家族や親戚と祝ったわ!」とサウスカロライナのパルから写真つきのメールが来た。 その中で、” She served frogmore stew"とあった。「おばあちゃんがfrogmore シチューを作ってくれた」そうで…

久しぶりの手紙

先週、ポーランドのパルからメールが来た。「昨日、手紙を出したわ~」と。そのポーランドのパル、最後に手紙を受け取ったのはいつだったか、というほどに長く手紙を受け取ってなかった。 今日、彼女からの手紙が届いた。「3年ぶりの手紙になってしまって、…

足袋と靴

ロンドンのパルにアイスノン以外に誕生日プレゼントらしい、なにか日本からほしいものはないの?と聞いたら、意外な答えが返ってきた。 ”More Tabi!" たび…旅?新婚さんだからハネムーン?かと聞くと、 「前にもらったのは穴が開いてきて…」と言うのでなにか…

アメリカのパルからの質問

本好きのパルに「日本人作家の本を紹介して!」とよく言われる。翻訳されていて、外国人受けしそうで…といったことはあまり考えず、私の好きな作家で翻訳されている(=その国で売れるだろうと出版社が思った)、という基準で。もちろん、文通歴が長いパルた…

念願のピアス!

カナダのパルが手紙に書いていた。 I got a new piercing. YAY!I got my industrial piercing I've been wanting it for a very long time." (新しくピアスを開けたわよ!イエイ!長い間、やりたかったのよ、industrial ピアス!) さて、industrialの意味…

ロンドンのパルからの誕生日リクエスト

イギリスで半ズボンを着用できない校則はおかしい!と男子学生がスカートを履いて登校した記事を読んだ。 www.huffingtonpost.jp女子生徒は長ズボンかスカートか選べるのに、男子生徒は長ズボンだけっていうのはおかしい!と学校に抗議したら、「スカートな…

日本語ではなんていう?

アメリカのメル友と小児科医の話になった。「次郎君のかかりつけ医のbedside mannerはどうですか?」と日本語で聞かれた。bedsaide mannerという単語を初めて聞いたので、一瞬、考えてしまった。次郎は入院するほどの病気ではなくて、と話したら、bedsaide m…

花子、初めてskype英会話してみる

日本在住のアメリカ人パル、サラに「うちの花子の英会話練習をちょっとしてくれない?」と頼んでみた。 "Of course! I would love to help!"(もちろん!手伝うわよ) と二つ返事でしてくれることになった。どんなことをすればいいの?花子の英語レベルは?と…

アメリカですでに有名な日本語

「日本って、まだ黒板使ってるの!?」とイランのファーちゃんに驚かれた。えっ?日本だけ?とアメリカやカナダ、フィンランドのすぐに返信がくるパルたちに聞いてみた。すでに時代はホワイトボードでした。そんな中、アメリカのパルはsmartboardよ、と。ス…

いままでで一番まともなアドバイス

アメリカのメル友が書いていた。彼の中学生の娘さんが「お父さんがくれた一番よかったアドバイス」は、「お店はいつ潰れるかわからないから、行きたいときに行くこと!」だったらしい。 東京の彼のお気に入りの天ぷら屋さんが潰れたことを娘さんに嘆くと、そ…

黒板を使う理由

イランのファーちゃんに遅ればせながら、末っ子の入学式の写真をLineで送った。入学式は日頃の行いが悪かったのか、雨男、雨女でもいるのか生憎の雨。「そういえば、園の行事も雨で延期になったわね、この学年」「どこかに強烈な雨男か雨女が…」とママさんた…

中森明菜を熱唱

「宿題をさせるのが大変なのよ…」という愚痴メールがラトビアからきた。あれ?宿題の愚痴って、前に聞いたのは誰からだっけ?と思ったら、オランダからでした。 bitter-chocolate3.hatenablog.com ラトビアのパルの子どもたちは本を読むのが嫌い、字を読むの…