読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

海外文通

ココナッツ!ココナッツ!和菓子?

ロンドンのパルが送ってくれたお菓子の中で家族のみんなが「甘すぎる!」と手を出さないのに私一人が延々と食べてしまっているものがある。それがこれ。 coconut ice(ココナッツ アイス)とあるけれど、アイスクリームではない。ココナッツの砂糖漬けかと思…

ロンドンのパルから小包到着

ロンドンのパルから小包が届いた。 タイミングを合わせたわけではないのに、 私が日本酒(またしても兵庫のお酒)を送ったタイミングで 「実は私もお菓子便を用意しているところ」とロンドンのパル。 1日の差で私が早く出し、ロンドンにも5日で到着。 そして…

パーソナルスペースはどのくらい?

サウスカロライナのパルからメールがきた。「いま読んでいる本によると、日本人は西洋人に比べてパーソナルスペースが狭いって書いてあるんだけれど本当?あと、本によると、プライバシーって言葉が日本語にはないって書かれているんだけれど、本当?」とメ…

終わらないミシン生活

ドバイのwhatsappつながりのパルから「元気してる?」とメッセージがきた。結構、長い付き合いになるはずだけれど出会った時に彼女が女子大生だったので、私の中ではいつまでも女子大生。その彼女が去年は朝5時起きで公共交通機関に揺られて銀行で研修を受け…

便箋も地味に無愛想に

年をとったと思うときは人それぞれなんだろうけれど、私は”便箋”で最近、感じる。もうかわいいのを受け付けない。リラックマやチョコパ、スヌーピーのレターセット、かわいい~!と大事にとっておいたのだけれど使う気になれない。前はもったいなくて使えな…

コロラドのパルから小包

私にはカレンダー、シール、バレンタインカードにグミ。 こどもたちに、と英語の絵本や書き取りなどなど。 中身はこんな感じで、アルファベットの練習もあれば、 数字を順番につなげていくドリルもあり、 こどもたちの年齢を考慮してくれている細やかさ。 ス…

原題から遠く離れすぎて

フィンランドのパルからロンドンに行ったときに 買った日本人作家の本を読み終わったわ。 面白かったわよ~とwhatsappでメッセージが来た。 誰のなんていう本を読んだの?と聞いたら、これだった。 川上弘美!! 日本では結構、有名な女性作家よ~、彼女の本…

リベラルって、なに?

コロラドのパルとヒスパニック系やラテン系の人たちの話をしたとき彼女は何度も”Liveral"(リベラル)と彼らのことを言った。リベラルって…日本語では革新的って訳す。 「ヒスパニック系はリベラルだから、メイのことを保守的に思ったんじゃない?」とコロラ…

おとなしい人?

コスタリカのパルからの手紙に「あなたはもっと自分の意見を言うべきよ」 と書かれてあって、久しぶりに驚いた。 コスタリカではおとなしいほうに私が分類されるの? 海外のパルたちと話していて、 日本の基準と違うなぁ…と思うことは多々ある。 距離の近さ…

新しい出会い

オランダのパルからメッセージがきた。「いまナーバスになっている」と。 彼女は市民センターで絵画を教えているのだけれど、そこにシリアからの難民が9人、入ってくることになったらしい。性別も年齢も全くわからない人たち。もちろん、バックグラウンドも…

恥らう本

オランダのパルと読んでいる本の話になった。私が今読んでいるのは初めての作家。 さようなら、オレンジ (ちくま文庫) 作者: 岩城けい 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2015/09/09 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (10件) を見る まだ読み始めたばか…

憎悪犯罪

インドのスーと久しぶりにLineをしていた。 新しい車の話や彼女の友人の話をしていて、 ついでに噂の彼の話になった。 噂の彼、トランプ大統領。 スーが「カンザスの事件知ってる?」と聞いてきた。 カンザスの事件? なにかあったっけ? 知らないわ~と…

甘酒

「ココアを飲みながら手紙を書いている」とか 「紅茶を飲みながら手紙を書いている」と最近よく手紙に書かれている。寒いから、温かい飲み物がほしくなる。 我が家ではいまは甘酒!前は断然米麹の甘酒だったけれど、夫が会社の人から沢の鶴の酒粕をもらって…

結婚は一大産業?!

バージニア州のパルの娘さんが婚約された。アメリカでは新婦の両親が結婚式費用を払うものらしい。彼女は「息子が結婚するときには我が家も負担する」と言っていたけれど、そうたくさんも負担できない。なぜなら、来月は彼女の息子さんが結婚、来年には娘が…

PTAママ

どうやら私は根に持つタイプのようで、なんだかやっぱりイライラするわ~とアメリカのパルたちに愚痴っていた。 PTAのママさんに読み聞かせ講座の受講を勧められたけれど興味ないです、と断ったら、「メイさんって、本当の本好きではない」と言われ、本当…

フィンランドの切手

フィンランドの切手はかわいいものが多いけれど、 この切手は特に素敵。 おいしそうなチョコレート… の切手はベルギーの切手。 ベルギーの切手でチョコレートの香りつきの切手を 一度、ポスクロで受け取ったことがある。 これが例のベルギーチョコの香りつき…

日米で学校の問題は一緒

ダウントンアビーファンつながりのバージニア州のパルから手紙が来た。ダウントンアビーの切り抜きつき。 ダウントンアビーのセリフ、皮肉、嫌味、当てこすりが上手で、毎回、え~っと…どういう意味?と頭を悩ます。 今回のこれもバイオレット(おばあさん)…

子どもとタブレット

最近は未就学児の親たちでも「YouTubeばかり子どもが見る」と心配する時代になった。我が家はAmazonビデオだけ可、ということにしている。子どもたちはポケモン、ドラえもん、仮面ライダーと見ていてAmazonビデオの中なら安心だろうと思っていたのにタブレ…

スペイン語の名前

私の出したポスクロのカードがスペインへ届いたらしい。スペインの女性から、「ありがとう」というメッセージとともにちょっと長めのメッセージがきた。 「あなた、自分の名前のスペイン語知ってる?」と。 はいはい、知ってますよ~。もう何十回とスペイン…

アメリカ人男性からのメッセージ

ロンドンのパルのアメリカ人婚約者から 久しぶりにメッセージがきた。 私と彼のメッセージ内容はほぼ 「婚約者から伝言」とか「婚約者に伝えて」という ロンドンのパルを介するような内容ばかりの中、 今回は珍しく、彼からのメッセージ。 「ラキューまだや…

名前と呼び方

香港のパルは私のことをニックネームで呼ぶ。そのニックネームで日本人の友人はみんな私を呼んでいる。”ゆうこりん”みたいなかわいい名前で、女子高生のときはまだ許せたかわいい名前ももうそろそろきつい…と自分でも思っているけれど、自分の本名にちゃんづ…

教えるレベル

衝撃的なニュースだった。 英語教員、TOEIC“合格”2割 京都府中学「資質」はOK? : 京都新聞 京都府教育委員会は9日、京都市を除く中学校の英語科教員で、本年度に英語能力試験TOEICを受験した74人のうち、府教委が目標として課した英検準1…

香港の酔い止め

香港のパルから手紙が来た。 「日本のあなたなら知っていると思うけれど、 香港では酔い止めと言えば白花油よ」 全国送料無料!台湾お土産 純正版白花油台湾 万応 白花油 5mlジャンル: キッチン・日用品雑貨・文具 > アロマ・癒しグッズ > エッセンシャルオ…

コスタリカから書留

コスタリカのパルから書留が来た。 中からでてきたのは、これ。 コスタリカのマグネット。 娘の花子がコスタリカの鳥図鑑がすごいお気に入りなのよ~ と手紙で伝えたら、 花子へ、とオウムのポストカードも。 オウムのポストカードは花子の読書のおとも、し…

オランダのオーガニックコスメ

オランダのパルが送ってくれた小包の中にあったハンドクリーム、 すっごくいい匂い! それがこれ。 RITUALS、と書いてあるので調べてみた。 コスメに詳しくない私が知らないだけで、 有名な化粧メーカーなのかしら?と。 調べてみると、このRITUALS、日本未…

オランダから小包

オランダのパルから小包が届いた! オランダのパルのセンスはすごく素敵だと思う。 カードもとってもかわいい。 赤いチューブのものは、リップクリームかと思いきや ハンドクリームでした。 リップクリーム、ハンドクリーム、チョコレート、 この3点はいくら…

アルジェリアからの手紙

アルジェリアのパルから2か月ぶりの手紙が来た。 切手はこちら。 この切手、初めて見る気がする。 去年、出した私の手紙が郵便事故でアルジェリアに着かず、 彼女が今回は手紙を書いてくれた。 アルジェリア、やっぱり郵便事故多いのね~と思うでしょうが、 …

ロンドンのパルが夢中な本

私のパルは本好きが多いので、「いま、読んでいる本は?」という話をよくする。おすすめされた本が日本語に翻訳されている本であれば、できる限り読むようにしている。 ロンドンのパルに、いま読んでいる本を聞くと、 ”I am reading a book written by an En…

それぞれの歴史

サウスカロライナのパルにもらった州立公園記事の切り抜き、写真が多くて読みやすい。やっぱり哲学とかより、楽に読めるのは気持ちの問題?難しい単語にはまず出くわさないだろうっていう安心感かしら。雑誌の記事中で書かれていた。 During this year of th…

海浜公園が素敵すぎる

サウスカロライナ州のパルから手紙が来た。自然公園が我が家は好きで、近場の公園にもよく行く、ということを知っているので、自然公園が雑誌に載っていたから送るわ~と。 うちの子どもたち、大好き間違いなし!のスポット。その中でも彼女のおすすめはEdis…

パルたちの日本語

文通をしているパルたちで日本語を勉強しているパルたちは多い。大学で2年ほど日本語を学んだ人、独学でずっとしている人、専攻を日本文学にしていた人に副専攻が日本語だったという人など、いろいろいる。彼女たちの日本語レベルは…中3の英語程度の日本語…

ポスクロのメダル

ポスクロのメッセージで「あなたにはメダルがついているのね!私は新参者なの。」とポスクロを受け取った人から言われた。そういえば、数人からメダルが云々って言われたけれど、ポスクロのメダルって何?寄付をしたら、サポーターの証みたいについているあ…

CEFR簡易テスト

英語のレベルを知るテストって、本当にたくさんある。日本で知られている英検、TOEICにTOEFL、そして今日CEFRというものを知った。(Common European Framework of Reference for Languages)、ヨーロッパ言語共通参照枠、と日本語ではいうそうです。なんだ…

笑われる

1週間ほど前、ノートPCが突然、ぷっと真っ暗になり、その後は電源を何度入れようと、全く起動しない。しばらく経ってから再度電源を入れても変わらず…ロンドンやアメリカのパルたちに「この世の終わりだ~!!」と愚痴メールをスマホで送った。 スマホが壊れ…

インディアナ州からの小包

インディアナ州のパルからのクリスマス小包がついに到着! 2月にこのサンタクロース柄。 たった2か月経過しただけで、クリスマスは遠い昔のように思える。 8歳の息子にはマリオのパジャマ。 6歳の息子にもパジャマ。 このパジャマ、上のシャツは色塗りをする…

トランプのおかげ?

サウスカロライナのパルに送った友チョコが無事に届いたらしい。"They really brightened my day" (チョコのおかげですてきな日になったわ!)彼女にはセンター試験の長文英語も添付。この”友情”の長文、私たちが語っていた話題とドンピシャじゃない?と送…

アメリカから小包

ペンシルバニア州のパルから小包が届いた。中はクリスマスの包装紙!写真を撮る前にビリビリっと破いて開けてしまった。中は小鳥のカード、ココアにネックウォーマー。子どもたちに「母さんの首にそれ、入る?」とネックウォーマーを狙われてますが、私の首…

届かない小包と入院

インディアナ州のパルから先月半ばに送るわよ~とメールを もらったけれど小包が届かない。 あんな大きなものも紛失するのかしら? それに彼女からメールもない。 これはもしかして…と思っていたら、早朝にメールがあった。 "May, I've been in the hospital…

コロラドのパルと服

コロラドのパルと服の話になった。彼女はメキシコ移民で、アメリカにはすでに20年。シングルマザーで恋人は私が知る限りいない。 コロラドのパルが「私たちって、いつか会えるかしら?」と聞いてきたので、会えるわよ!どっちかが宝くじを当てれば!「古い友…

図書館への思い

図書ボランティアの引継ぎもまだだけれど、 私がやりたいことはたくさんあるの~!と一緒にボランティアをする ママ友や時間があるときに手伝ってくれるというママさんたちに 熱く語ってます。 図書ボランティア責任者は教頭先生ということで、 挨拶に伺って…

Noと言えないアメリカ人

海外文通を始めて知ったこと、アメリカにも内気な人がいる!ということ。いや、「それは当然でしょ!」と今なら思うけれど、海外文通を始めたときもそれより前もアメリカ人っていえば、フレンドリーで物怖じしない人種だと思っていた。私の知っているアメリ…

各国のビタミンC

オランダのパルにwhatsappで、バレンタインのチョコレートのお礼は酔い止めにビタミンCをオランダから送って~と話した。 bitter-chocolate3.hatenablog.com ビタミンCを酔い止めにするなんて、面白いアイデアだけれど、花子が英語を勉強すればきっとオラン…

猫の名前

カナダのパルから「子猫の里親になったの~」とメッセージがきた。イタリアのパルは猫は放し飼いといっていたので、カナダはどうなの?と聞いたら、飼い主によると思うけれど、「我が家は厳格に室内飼い」ということだった。 カナダのパルが飼い始めた子猫、…

届かなかった手紙

ロシアのパルから久しぶりに手紙が来た。いつ以来かわからないくらいに久しぶりだわ~と開封して読んでびっくり。 「5月のあなたの誕生日にカードとピアスを送ったのに何にも返事がないけれど、届いてる?」と。 …きてない!半年以上経っているけれど、きて…

類は友を呼ぶ

コロラドのパルはまさにアメリカの私で、スイミングの日に水着を忘れて、家にとりに帰ったり(あるある!!)日付を勘違いして間違えたり、(あるある!)「なんだか突然、疲れた!」とメールしてきたり、(わかるわ、そういう日もある!)彼女と話すとほぼ…

同じ名前の女性たち

私が出したポスクロが届いたようで、登録してくれたオーストリア人女性からメッセージをもらった。 「素敵な絵葉書をありがとう。でも、あなたって、出版社勤務のメイさんでしょ?アカウントを2つ持っているの?」と。 私の名前、私の年代には多い名前で、ク…

主婦の息抜き

「ちょっと友達とランチに行ったら、なんだか凹んでさ~」とオランダのパルとロンドンのパルにwhatsappで愚痴った。 知り合いの山田さんは外大(外国語大学)を出て、いまは英語講師として新規生徒はとれないほどの人気ぶりで、講師の仕事に生かすために研修…

コラムと哲学と

海外のパルたち、新聞の切り抜きをよくくれる。手に入りやすいし、「この記事、どう思う?」と聞かれることも多い。新聞の海外特派員からのコラムが好きなの~とアメリカのパルたちに話すと、アメリカ人記者が日本でラーメンを食べた、という新聞コラムを送…

鼻ピアス

カナダのパルから「鼻ピアスに再挑戦したわよ!」とハングアウトでメッセージがきた。前に一度、挑戦したものの化膿して取り外したことがある彼女、「痛いの痛くないのって、もうすごく痛いわ!!」というメッセージが写真付きできたときは、日本の私まで鼻…

セーフ!

コロラドのパルとロンドンのパルに送った酒ボンボン、無事に二人についたらしい。日本酒好きのパルがいても、日本酒を送ると日本酒自体も高いし、梱包にも気を使うし、送料も高いし…とあまり送ったことがない。でも、バレンタインの時期にはウイスキーボンボ…