ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

なんだか凹むとき

コスタリカのパルから、「凹むときってない?」と聞かれた。彼女は考古学を大学で教え、発掘作業もしていて、好きなことを仕事にし、順風満帆に思えるけれど、「なんだか凹む一週間だった」らしい。 そう言われて、知人の某大学教授を思い出した。大学名を言…

話したくない話題

文通のときに、いろいろな話題を私は忌憚なくするほうだけれどパルたちの中にはきちんと線引きをする。「宗教の話はしない」「政治の話はしない」「宗教と政治の話はしない」まぁ、主にこれ。 まぁ、いろいろな考え方の人がいるから、と相手の嫌がる話題を敢…

言ってみたい台詞

"How are you?”とロンドンのパルからメッセージが来たとき、「もう久しぶりに大変で…」から止まらなかった。 火曜の夕方に末っ子の次郎39.6度を記録。学校が暑かった、というので熱中症にでもなったのかと全身を冷やしたり、スポーツドリンクを飲ませ、涼し…

『アンコール』

『アンコール』というイギリス映画を見た。 www.youtube.com 年金生活者の合唱団で歌っていた妻、マリオンが先立ち、夫は途方に暮れながら、合唱を通して周囲と分かり合っていく、というストーリー。頑固一徹なおじいさんがとても素敵。始まって15分から最後…

宿題はどこまで親?

宿題を見ていると、「親はどこまでやる?」と思うことがある。先生によっては計算ドリルの丸付けも親にさせ、間違えた箇所は親がこどもに修正させ、再度丸付け。それを学校に持って行き、先生がポン!と判子を押すだけ。 この方式、最近の小学校ではかなり一…

子どもと宿題と格闘と

オランダのパルの子どもは我が家と同じ小学生の息子二人。確か、10歳と8歳くらい。彼女が手紙の中で愚痴ってた、「宿題が大変なの!」と。まず、怠け者のこどもたちを応援して、やる気にさせるだけで一苦労、それから、わからなくなるとすぐに離脱しそうにな…

ロンドンのパルの結婚式

ロンドンのパルから結婚式の写真をついに見せてもらった。写真は教えてもらったパスワードで、すべてオンライン上で見れる。 彼女のオーダーメイドの鎧、とても楽しみにしていた。ついにウエディング鎧(ウエディングドレスの代わりに鎧)を拝見!!彼女らし…

鉛筆削りの限界

鉛筆削りが壊れた。こどもが宿題をするとき、ドリルをするとき、常に寄り添い監視、温かく見守りながら鉛筆削って5年以上。いろんな鉛筆を買うのはもう趣味の範疇で、鉛筆削りは最早”私の趣味”と言い切っている。いま使っている鉛筆削りの前に2台、鉛筆削り…

アメリカからプーさん

仲良しのインディアナ州からバースデーカードが届いた。 くまのプーさん。 マスキングテープで止められ、真ん中が膨らんでいて どういうカード?と開けてみると、 ペーパーで包まれたピアスがでてきた。 このピアスもくまのプーさん。か…かわいすぎて、私の…

花子と矯正

小5の花子は八重歯になりつつある。以前から歯科医から顎が小さいことが指摘されていたけれど、夫は小さい歯がぎっしりタイプなので、花子も夫に似たら小さい歯がぎっしり、で歯並びも問題ない?と様子をみてきたけれど、どうやら顎は夫で、歯は私に似たらし…

『でんでんむしのかなしみ』

小学校での図書ボランティアとしてする読み聞かせ、最初はネットで読み聞かせにおすすめの絵本をメモして近くの市立図書館で借りたりしていたけれど、そろそろ40冊以上の本を読み聞かせしてきた。 最近は図書室や図書館で「これ!」と私が気に入った絵本を読…

5月に雪?

コロラドのパルからメールがきた。2日前に雪が降って、こどもたちの小学校の運動会が中止になったらしい。 5月に雪?中止になるほど?夫に話すと、「遅れたエイプリルフールちゃうか?」と。あぁ、なるほど!と「エイプリルフールじゃないよね?」と聞くと、…

巻き舌が得意な人

先日、図書ボランティアで学校に行き、先生の怒声を聞いた。図書室まで響いてくる怒声に一緒にボランティアしているママさんと「なに先生???」とついドアから覗くと、他教室のドアからも先生たちが同じように覗いていた。 「こら~!!!ええ加減にしろ!…

今年の誕生日はコレ!

マルコムXと同じ誕生日の私、「さすが過激派!」と感心していた高校時代からの友人が今年も誕生日プレゼントを送ってくれた。去年はミニ盆栽をもらって…3ヶ月で枯れた。水やりすぎた?日向すぎた?もうなにがだめなのかわからないけれどミニ盆栽、私にはレベ…

『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』

Amazonが製作したドラマ、『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』のシーズン1を観た。天才指揮者がNY交響楽団を率いることになるけれど、舞台裏はいろいろあって…というもので、のだめ海外版?と思いながら観た。 指揮者はスペイン語圏では有名なガエル・…

週末は何をしましたか?

日本で英会話講師をしている人の本(kindle限定本?)に書かれていた。生徒たちに「週末は何をしていた?」と聞くと、大抵は、"Nothing."(なにも)と返ってくるけれど、何もしない週末って、どうやって過ごしたってこと???と。 そういえば、同じことを高…

コスタリカからピアス!

コスタリカのパルから手紙が来た。手紙と一緒に同封してあったのが、ピアス。「誕生日おめでとう!」の言葉と一緒に。 考古学者の彼女は現在、発掘作業中で彼女の教え子たちとの発掘風景をメールで送ってくれたりと最近は手紙よりメールになっていたので、久…

書とバースデーカードは体を表す

オランダのパルからバースデーカードが到着。 飛び出すカードで、南国風。バースデーカードって、人それぞれで、「へぇ~、こういうセンスだったのか…」と気づかされることが多い。私自身がパルたちの意外なセンスをバースデーカードで気づくからか、バース…

本屋とパズル

電子本なんて本とは認めない!と以前は思っていたのにすぐに購入できる手軽さにやられ、kindle本も気づけば400冊を超えてしまった。電子本の良いところは、実際の本と違い、増えているのは私のタブレットの中だけなので夫に本の大量購入を気づかれないと…

海釣り公園と反抗期

海釣りに行ってきました。海釣り公園…私の想像と違う。こどもたちの竿が絡まったり、根がかりしたり、えさがなくなったり、すべては夫にお任せ。「おーい」といくら呼ばれても、無理!ここから動けない!と大きな柱があるところで棒立ち。足元の景色がすごす…

サウスカロライナ州のパルからバースデーカード

今月は私の誕生日があるので、そろそろバースデーカードが届き始めた。第一通目は、ドイツのパルからだった。そして、2通目はサウスカロライナ州のパルからだった。 I really can't tell you how much your friendship means to me.(あなたの友情がどんなに…

佐藤ママの本を読む

小5の娘が恐ろしい点数の社会のテストを持って帰って、瞬間湯沸かし器になりかけたけれど、「なんで、社会ができないんだと思う?どうしたらいいと思う?」と娘に聞かれ、冷静になった。 そうだ、怒ってる場合ではなかった。なんで、こんな点数になったのか…

『わたしの外国語学習法』

ロンドンのパルから”How are you?”とメッセージかきたとき、「オンラインレッスンの評価にちょっとがっくりきているところよ」と講師からのメッセージを彼女に見せた。そこには、「興味のある分野の語彙は豊富だが、そうでない分野の語彙が少ない」と書かれ…

Best Teachersで無料体験やってみた。

オンライン英会話の体験レッスン、もうひとつやってみよう!とやってみた。今回はBest Teachers。 このBest Teachers、一般的なオンライン英会話とはちょっと違う。何が違うか、”書く”んです、英作文。いくつかのジャンルがあって、英作文を5往復が第一条件…

連休はフィンランド尽くし

世間ではゴールデンウィークで9連休の人もいるらしいけれど…こどもたちの学校があるため、我が家は5連休。学校に行ったら、お休みのお友達も多かったようで、「学校休んで、遊びに行くなんて!!」とこどもたちは大層、憤慨していた。「学校休んで旅行なんて…

楽しく勉強…

オンライン英会話の無料体験レッスンをやってみたの、という話をアメリカやロンドンのパルたちにしたところそれぞれにいろいろと言われたのだけれど、異口同音だった。「あなたには向いてない」と。 コロラドのパルに「オンライン英会話の講師はフィリピン人…

レアジョブの体験レッスンをしてみた

オンライン英会話、やってみた。Skypeを使っての英会話、まず最初にすることは”背景に映るものを撤去!”。なんだか家庭訪問のときと同じだわ…と思いながら、まずは掃除。次にすることは…カメラチェック。ちょっと顔色が悪く見える、と口紅を濃い色で塗って、…

毒を吐く国語辞典

小5の花子が国語で調べ物をするから国語辞典を貸してほしい、と言ってきた。いままでは卒園記念にもらった低学年用の国語辞典を使っていたけれどさすがに5年生レベルではその国語辞典には載ってない、と。 そうか、ついに私の国語辞典を貸すときがきたか。こ…

話題のドリルを購入!

いま話題のドリルを我が家もこどもたちに購入!ママ友から「漢字嫌いの娘が笑いながらするドリル」なんて話を聞くと、我が家のこどもたちにも!とつい買ってしまった。 日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学5年生 作者: 文響社(編集) 出版社/メーカ…

国内文通と海外文通の違い

国内文通相手でしかも学生時代の友人などではなく、ネットで知り合った女性と文通している。彼女が「だんだん文通相手が減ってきた」と書いていて、そういえば、私も…と気づいた。海外文通の相手はポスクロでお誘いがかかったり、どこで回っているんだかのFB…

チョコレート通りとココア通り

ポスクロで受けとったポストカード、アメリカのペンシルバニア州から。 アメリカでは、チョコレートといえばHershey's!というくらいに大手のチョコメーカー…らしい。アメリカのパルたちにチョコが好きだというと、「ペンシルバニア州に行かないとね!」と言…

郵便物で娘に驚かれる

昨日、ポストに入っていた郵便物を見た娘の感想が「珍しい!」だった。ポスクロ1通に手紙が4通。ポスクロが少ないことが珍しいの?ポスクロ、たまにどさっとくるだけで、普段は数枚ずつぱらぱらくるのよ~と話したら、「そこじゃない」と言われた。 「これ、…

価値観と性格と

アメリカのパルから来た手紙に書いてあった。 "People are entitled to their viewpoints,and who am I to say that I am right and you are wrong.I have never understood that mentality."(みんな自分の価値観を持つ権利があるのよ、どうして私に私が正…

ビバ!家庭訪問終了!

家庭訪問が終了した。寝ても覚めても掃除する日々とは決別!家庭訪問数時間前に我が家を訪れたママ友、「あれ?ここは誰の家?!」と言っていた。我が家ですよ、我が家。普段どおりの我が家、おほほほ~。 花子の先生は”情熱的できびしい先生”という花子から…

「残念ね~」を英語で言うとき

日本語能力検定2級を12月に受験予定のアメリカ人の知人。友人なのか、知り合いなのかよくわからないので知人。いや、メル友?彼から聞くアメリカ情報は新鮮!なんてたって、日本語だから。彼の日本語の間違い、動詞がおかしいときなど、そのまま私が英語で間…

イギリスのパルから

イギリスのパルから送られてきたカード、 「これを見たら、あなたを思い出したのよ。」と。 ”One of a kind"、ロビン・ウィリアムズが亡くなったとき、オバマ大統領がロビン・ウィリアムズを評して言ったり、『デスパレートな妻たち』でイーディスが死んだと…

洗練?前衛?

家庭訪問前の仕上げとして、花を買った。玄関の一輪挿しとリビングに入れる大きな花瓶用。 いままで行ったことのない通ったことがあるだけの花屋で「ブーケを作ってください」と話すと「どんな用件で?」と聞かれたので、家庭訪問です、と話すと、先週からず…

家庭訪問と女優

カナダのパルから「歯医者に行ってきた」とメッセージがきた。歯医者が嫌だ、憂鬱だ、と歯医者の予約が近づくといつも私が愚痴っているけれど、「歯医者が楽しくないことを思い出した」と、カナダのパル。 「ところで、あなたは何をしているの?」と聞かれ、…

思春期に聴かせたい曲

恐れていたものがやってきた気がする。こどもの反抗期より怖いもの、思春期。「どうやら小5の花子は思春期のようです」と、こそっと夫に耳打ちしたのだけれど、「はぁ?」と言われた。いつものように相談相手を間違えたのかもしれない。 私にもあったはずの…

エイプリルフールが続いていた?!

ダウントンアビーでよく盛り上がっているアメリカのパルから手紙がきた。今回は間隔が空いているな~と思っていたら、彼女は私からの手紙を待っていたらしい。あら?私は出したでしょ?と思いながら読んで吹き出してしまった。 「あなたからのメールを受け取…

ことばの変化

いままで思っていたことが違ったときや知っていた単語に違う意味があったときというのがたまーにある。小5の娘が「危機一髪」を「危険一髪」と言っていて、それは「きけん」ではなく「きき」だと漢字も教えたら「危険一発」だと思っていたことが判明。なんだ…

日本茶の好み

家庭訪問で先生にお出しする、という大義名分で高級なお茶を買おうとスーパーの中にあるお茶屋さんへ行った。そこのお茶屋さん、私が知る限り、いつも同じ年配の店員さんで悩んでいるとお茶の試飲をさせてくれる。二つほど試飲させてもらい、「こっち!」と…

日本のカルトについての質問状

サウスカロライナ州のパルから分厚い手紙が届いた。中には彼女により印刷されたA4らしき紙も入っている。彼女は、私に”アメリカのゴキブリはこんなのよ~”と過去にゴキブリの写真を印刷して送ってきたことがあるので今度は何!?とどきどきで紙を開く。中か…

イースターのカード

ドイツのパルからイースターのカードが送られてきた。彼女は航空会社勤務の高所恐怖症。フライトアテンダント?それでいて高所恐怖症?と思ったら、地上で案内する係りだそうで、飛行機に仕事で乗ることはないらしい。 航空会社勤務だけれど、車と電車の旅が…

新しい世界に足を踏み入れる

ハーレクインを夢中で読んでいた時期があったけれど、飽きた。”ギリシャの大富豪”だとか”中東のシーク”、金持ち社長も、もうストーリーが同じすぎるわ!と飽き、いまは違うジャンルに夢中になってます。 BL,ボーイズラブ。Kindleunlimitedで読んだBL本が私の…

結婚式のドレス

アメリカのパルから、これってどうなの? 私にはいまひとつ素敵に見えないんだけれど・・・と メールに添付されていた記事がこれ。 mymodernmet.com 着物の柄でドレスを作りました~というウエディングドレスが日本で流行っているわよ~という記事。「本当?…

怖いのはどんな年齢の人?

ドイツのパルはグループを作ってダンスをしている。発表する場も年に数回あるらしく、2月のパフォーマンスはマイケル・ジャクソンの音楽に合わせてゾンビの衣装で踊る、という話を年末からずーっと聞いてきた、手紙の中で。私はgleeのスリラーみたいなのを想…

輸入とマニュアル

アメリカのメル友から「メイさんは禁制品を輸入したことがありますか?」と聞かれた。ご禁制の品?それはカステラなんてかわいいものではなくドラッグ?えぇ~、そんな危険なお手伝いはできませんし、お金を1億積まれたら、ちょっと悩むからやめてほしいわ~…

覚えられない情報

ポスクロ経由でペンパルになりませんか?というお誘いを受けることが最近、とても多い気がする。先週だけでも2通ファーストレターを受け取ったし、今週もすでに「ペンパルになってくれませんか?」と二人から誘われた。 しかし、その人たちがややこしい。も…

パンとエスプレッソと

香港のパルから手紙が来た。彼女はパンが大好きで、おいしいパン屋があると聞くと西へ東へと行くらしい。毎日5キロ以上は走っているのに、パンのせいで体重が減らない、と。いや、そもそも細いからもう減らないのでは?と思ったり。 そんな彼女にどんなパン…