読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

感謝のボディランゲージ

海外ドラマ・映画

ドラマによく出てくる”日本人”は大抵、韓国人か中国人で、

彼らのする変なお辞儀やアメリカでは日本っぽいであろう仕草に

「違うって!!」と、ついテレビに向かって突っ込んでしまう。

BONESで出ていた日本人のお兄さんは妹の遺体を前に

線香に火をつけて、息で吹き消したときは、

娘ですら「違うで!!」と言ったほど。

ぺこぺこのお辞儀も変な髪型の芸者も、

まぁ、仕方ない…とは思えず、未だに「違うって!!」と

テレビに突っ込んでしまう。

毎回、気になっているのが、日本人が出てくると、

合掌してお辞儀をする。

そんな挨拶、日本人はしませんから!!といつも思っていた。

それが、先日、日本人がしているところを見てしまい、

どういうこと?!とびっくり。

America's Got Talent' 2013で優勝した蛯名 健一さん。

彼が審査員に褒められていたときに、合掌してお辞儀していた。

う~ん・・・どういうこと?です。

これはアメリカ人の思う日本人の最大の感謝のボディランゲージを

やったということ?それとも、アメリカの日本人はするのか?

1994年にアメリカに留学して、そのままアメリカということなので、

元々は日本で育っているので、

そんな文化はない…でしょ?と不安になる。

私の知らない県ではそれがふつうなのかしら?

謎が深まりましたよ。

ちなみに私、「本っ当にありがとう~!!」とするとき、

両手を胸に当てて、「Thank you!」とskypeなどでする。

これ、アメリカやカナダ、スペインのパルがするんです。

見ていて、心の底からありがとう~!!っていうのがストレートに伝わる。

日本人としては…こんなジェスチャーしないよなぁ~と思うものの、

日本人同士で「本当にありがとう~!」というときの

ボディランゲージなんて存在しない気がする。

そう考えると、日本人はボディランゲージを使わないなぁ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村