読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

マイケル・J・フォックス

ここ数週間、ずーっとケーブルTVでCMをしていて気になっていた

ドラマを見た。

タイトルはズバリ『マイケル・J・フォックス ショウ』。

マイケル・J・フォックスって、誰?と名前を聞いただけでは思うけれど、

『Back to the future』(バック・トゥ・ザ・フューチャー)で

主人公役の少年といえば、「あぁ~!!」と誰でもなるあの男性。

パーキンソン病を告白し、テレビも映画もすっかり…の人になってましたが、

ドラマで復活していた。

パーキンソン病を患い、TVキャスターを辞めていた男性が

復活する、という本人の病気もそのままに。

私が見たのは2話目で、ちょっと駆け足な感じがあったけれども、

次の回も見ようかな~と思わせる感じだった。

最後に、家族で朝食を囲むシーンがあり、

マイケル(ドラマの中でも同名のマイケル)が、妻にスクランブルエッグを

配ろうとする。

パーキンソン病のため、手が震え、卵はぽろぽろと落ち…

それでも頑張っているマイケルに妻が一言、

「もう、焦らさないで!」

ブワハハハ~と爆笑してしまった。

いや、病気を笑いにしていいのか?と思いつつも、

明るい家族と病気と病気が日常の生活を描いているドラマって、いいなぁ~と。

ただ、私と同じように、病気を笑いにしているところも多いので、

「・・・これは笑っていいところ?」とつい思う人もアメリカでも多かったのか

シーズン1での打ち切りらしい。

パーキンソン病って、意外に私の周囲では多い病気で、

(近所にも3人くらいいらっしゃったりするので)

きっとメジャーな病気だと思うんだけれど、ちょっと社会問題や病気を

ドラマに入れるのって、難しいんだなぁと改めて思った。

ゲイや代理母を取り扱った”The New Normal”然り。

そういう意味では、ゲイもレズも障碍も扱いつつ、人気が出た

"Glee"って、すごいなぁ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村