読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

レイダー警部に共感

子ども会の会議に参加して、同窓会もこんな感じかな?と

同窓会には参加したことは一度もないけれども思った。

そこにいるママさんたちの学生時代が透けて見えた気がした。

先生の話を全く聞かずに下を向いている人、

地味で控え目ながら、ナイスフォローを欠かさない人、

さばさばとした性格で頼りになる姉御肌の人、

「わかりません~」とかわいく言う人、

俗にいうぶりっこですね。

魚と同じで、天然ものと養殖ものがいますが、

くどいようですが、魚と同じで天然ものは極めて稀です。

いろいろと思い出して、

同窓会に参加する意欲がますますなくなりました。

アメリカのドラマ『クローザー』はかなり人気で、

終了を知ったときは私もかなりショックを受けたファンの一人。

刑事ものだけれども、憎めないブレンダ(40前)の魅力も

そのひとつ。

そして、そのスピンオフ番組なのか、後継として始まったのが

『Major Crimes~重大犯罪課』、

『クローザー』では敵対していたレイダー警部(同じく40代女性)が

主人公になっている。キャストはほぼ同じ。

私の周囲では、断然『クローザー』のブレンダがよかった!!と

言う人が多いのだけれど、私はレイダーのほうが好き。

きっちりしていて、融通が効かない、何気に的確で毒舌、

それなのに愛情深い。ブレンダより共感しやすい。

ブレンダはおっちょこちょいも「かわいい~」と言われるタイプ、

男性にも女性にも受けるキャラというか、

レイダーは女性が応援しなきゃ、誰が味方するの?というキャラです。

好きで嫌われキャラをしているんじゃないわよ、

私がしないと誰がこの嫌われキャラをするわけ?!という役で、

かわいげのなさは半端ない。

でも、「わかるわ~。大変ね~。」という目線で見てしまう。

ストーリーの中で一人の少年を家に滞在させることになる。

彼はお礼を言うどころか、毒づく。

そんなときも、

「毒づかれることには慣れているの、母親業をしていたから。」

大将、かっこいい!!と野次を飛ばしたくなるのは私だけ?

「自信がついたらクビなのよ、母親は。」とかね、

はぁ~、なるほど、勉強になります…とメモりたくなるほど。

かっこよすぎて本当にメモっちゃいましたけれどね!

これから子ども会で、私はレイダー役をするのか、となんだか憂鬱になったけれど

ええ、やりますとも!

「わかりません~」「できません~」とかわいく言おうと、

それで終わらせませんから。

「対案をお願いします。」

「自分で考えてやってください」と言おう。

心の中で「ぶりっこする年じゃないだろ~!」と毒づきながら。

やっぱり私も学生時代と変わらないのだなぁ~と気づいた。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村