読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

無茶しないで!

最近、再放送の『Major Crime』を観ていて、

あれ?これって、『LAW&ORDER』の検事役の人じゃない?

と思う検事さんがいっぱいでている気がする…。

それとも『クローザー』でも、検事役だったのか?

検事役といえば、こういう人っていうイメージで

同じような人がでているのかしら?と気になって

久しぶりに『LAW&ORDER SUV』を観た。

私のパルたちはこの『LAW&ORDER SUV』を観ていて、

好きという人が多いのだけれど、

『LAW&ORDER』はよくある警察もの、

『LAW&ORDER SUV』は性犯罪に特化したもので、

ストーリーはレイプ、少女への性的暴行、性的虐待、レイプ…と

ため息しか出ない。

”救いがないのが特徴”と私は思っていて、

観終わると、「はぁ~」という深いため息しか出ないので

基本的に敬遠していたのだけれど、検事役を確認するために観た。

そのとき、気になった英語があった。

警察役の女性が言った、

"Not to be a hero." 

字幕には「無茶しないで。」

えぇ?そういう訳になるの?とびっくりして、

これは字幕用の意訳?と気になって調べてみたら、

でてくる、でてくる、

「It is time not to be a hero.」

(いまは無茶するときじゃないわよ)と。

最近では、中国でほかの選手と衝突した羽生選手にも

”This is not the time to be a hero."

(いまは無茶するときじゃないぞ。)と

コーチが声を掛けたとか。

今度使おう!と思った英語だけれど、

私の子どもたちも友人も「無茶しないで!」と言いたくなるような

状況に陥ったり、自らする人はいないような…。

ほどほどに、ぬるま湯生活の私が筆頭ですが。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村