読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

本好きの羅針盤

名作を10分で読む、といった要約本の類は

名作を本当に駄作にする。

どれだけの面白い作品も要約で水の泡…なので、

要約本の類は基本的に読まないのだけれど、

斉藤美奈子の本は別!

『妊娠小説』以来のファンです。

ただ、彼女の時事ネタはいまひとつなので、

あくまでも本に関する文章や本は彼女の読書量にただただ脱帽。

彼女の本は全部読んでいるつもりだったけれど、読んでいない本があった。

『名作うしろ読み』。

名作うしろ読み名作うしろ読み
(2013/01/24)
斎藤 美奈子

商品詳細を見る

これがもう本当にすごい!面白い!彼女の書評は鋭く、きつく、

そして、ちょっとおちゃらけている。

網羅している作品は130超え、ちなみに私が読んでいたのは30作品…

近現代の日本の作家、森鴎外などから、海外の古典に、

彼女の読書幅の広さに敬服した。

彼女こそ、”活字中毒”、私なんて甘かった。

ダ・ヴィンチ』で面白い本がない、と思った人はこれで

年末年始の本を探してみては?と思うほどにおすすめ。

文学部の大学生はここにでている日本の作家は読んでおきなさい!と

宿題に出せるくらいに網羅されている。

森鴎外の『雁』の主人公を”ヤな男”と評し、

森鴎外の作品でてくる男性はみーんなヤな男だらけですが…)

「谷﨑はやっぱり変態だわ」と毒づく。豪快すぎて、しかも

指摘が的確すぎて、その文章だけで笑え、

円地文子の『女坂』まである。

(奥さんに妾を探させ、自分の息子の妻にまで手を出し、

妾たちの世話を奥さんにさせ、その奥さんの復讐劇の結末は

現代の私たちには呆気にとられるもの。私が本で”悔し泣き”した

唯一の作品!)

『不如帰』や『金色夜叉』、『たけくらべ』もありつつ、

ハムレット』に『若きウェルテルの悩み』まである。

『若きウェルテルの悩み』なんて、恋愛に悩む人は必読ですよ!

「…これが恋?!私のはなに?」と言葉を失う。

ここまで思い詰めてこそ、若者の恋です!

(若者には、”バカモノ”とルビをふっておくけれど。)

いままで読んだ本を彼女の毒舌とともに振り返ることができた。

安倍公房の『砂の女』が愛読書、と発言した男子学生にサーっと女子が引いた

のを思い出したり…

坂口安吾の『桜の森の満開の下』を読んでから、

桜をしばらく楽しめなかったことなど、懐かしい。

そして、読みたくなったのが宇野千代『おはん』。

タイトルは女性名だけれど、主人公は男で芸妓と不倫して、妻と別れた男が

また妻に心を寄せる…女二人の間で揺れる男の作品らしい。

「俺が阿呆なんだ」と言いながら、二人の女に言い寄られちゃってさ~

という話らしい。

映画化もされ、その男性役を石坂浩二がしたとか。

なんですか!その配役の妙は!と膝を打ちたくなった。

読みたい本がないの~と思っている人には、

斉藤美奈子の『名作うしろ読み』、おすすめ!

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村