読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

1月の本棚

本でも時代小説に夢中のこの頃は、テレビも時代劇。

CSIアメリカン・アイドルを観つつ、一方では大岡越前桃太郎侍水戸黄門

時代劇に夢中。

勧善懲悪でわかりやすい物語、安心して観られる。

「最近は、どんなドラマを見ている?」と香港のパルに聞かれ、

アメリカのドラマと時代劇、と答えたら、「現代のは?」と聞かれた。

最近のドラマには『マッサン』以外はついていってません~。

2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:5105ページ
ナイス数:26ナイス

ぼんくら(上) (講談社文庫)ぼんくら(上) (講談社文庫)感想
読まず嫌いで、これが宮部みゆきの初作品。NHKでドラマ化されると聞き、テレビではなく本を手に取る天邪鬼な私。初宮部みゆきの時代物でしたが、いいかも‼キャラはちょっと味付け薄めな気がするけれど、続編も読みたい。
読了日:1月1日 著者:宮部みゆき
ぼんくら(下) (講談社文庫)ぼんくら(下) (講談社文庫)
読了日:1月2日 著者:宮部みゆき
おはん (新潮文庫)おはん (新潮文庫)感想
芸者と妻の間を行ったり来たりする優柔不断な男。合間合間に入ってくる神仏の存在が昔の人の日常を感じさせる。
読了日:1月6日 著者:宇野千代
あなたの人生を変える一筆箋活用術あなたの人生を変える一筆箋活用術感想
これをよく本にしたなぁ…と正直、読後は思ってしまった。もっと深いものを想像してました・・・。
読了日:1月7日 著者:
新装版 日暮らし(上) (講談社文庫)新装版 日暮らし(上) (講談社文庫)感想
時代小説は長屋の近所づきあいが読んでいてなんだかほっとする。どんどん読み進めたくなるけれど、登場人物が私には色薄く感じる。
読了日:1月8日 著者:宮部みゆき
日暮らし 下日暮らし 下感想
これは人情ものなのか、ミステリーものなのか…中庸といえば聞こえはいいけれど、どっちつかずのような。もうちょっと人物を掘り下げてほしいなぁ~と思ってしまった。
読了日:1月8日 著者:宮部みゆき
おまえさん(上)おまえさん(上)
読了日:1月11日 著者:宮部みゆき
おまえさん(下) (講談社文庫)おまえさん(下) (講談社文庫)感想
平四朗と弓之助の3部作目、大分飽きてきたかも…と正直、思った。ずっと読んでいないとわからない人々がいて、なにかとあれば、というよりも必ず出てくる港屋さん関連の人…しつこい。
読了日:1月12日 著者:宮部みゆき
クリアホルダー整理術クリアホルダー整理術感想
目から鱗のものはなく、さくさくっと読破。
読了日:1月18日 著者:福島哲史
文具上手文具上手感想
いろんな人の筆箱や書斎を覗き見した気分。安い万年筆しか持ってないけれど、高いのを一本所有したくなる。ワインソムリエならぬ万年筆ソムリエのいるお店で。
読了日:1月19日 著者:土橋正
忘れえぬ人忘れえぬ人感想
井伏鱒二川端康成吉行淳之介、そんな人たちとの交流があった。山口瞳という人を初めて読んだ本。
読了日:1月22日 著者:山口瞳
万年筆クロニクル万年筆クロニクル感想
万年筆の絵が美しい!パラパラとつい読み返す。
読了日:1月22日 著者:すなみまさみち,古山浩一
ボクは坊さん。ボクは坊さん。感想
空海のいろんな言葉に触れつつ、平易な言葉で仏教と現代が語られていた。坊さんもこれからはおしゃべりができないといけない時代か…と思った。
読了日:1月26日 著者:白川密成
酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁 (実業之日本社文庫)酒田さ行ぐさげ 日本橋人情横丁 (実業之日本社文庫)感想
短編時代小説。「隣の聖人」「花屋の柳」がいかにも時代小説なストーリー展開ながら、ほっとさせられる。
読了日:1月26日 著者:宇江佐真理
古手屋喜十 為事覚え古手屋喜十 為事覚え感想
坊の行方が気になる
読了日:1月26日 著者:宇江佐真理
応天の門 1 (BUNCH COMICS)応天の門 1 (BUNCH COMICS)
読了日:1月30日 著者:灰原薬
たいようのいえ(1) (KC デザート)たいようのいえ(1) (KC デザート)
読了日:1月31日 著者:タアモ
メイちゃんの執事 1 (マーガレットコミックス)メイちゃんの執事 1 (マーガレットコミックス)感想
すごい、こんなにいかにもな少女漫画は久しぶり。両親が交通事故で無くなったら、大富豪のお嬢様だった…ないない、そんなこと!と突っ込みながら読んだ。
読了日:1月31日 著者:宮城理子

読書メーター

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村