読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

『フリーダム・ライターズ』

学園ものの映画はたくさんあって、かなりの数を観てきた。

覚えているだけでも『陽のあたる教室』

『グッド・ウィル・ハンティング』

モナリザ・スマイル』等々あったけれど、

今度からこれを一押しにする。

フリーダム・ライターズ』。

時代は1994年、私はなぜか1914年だと勘違いしていて、

へぇ~1914年はこんな感じでアメリカは人種差別で

学校が荒れていたのね、と思っていたのに

それが1994年、いまからたった20年前という衝撃。

貧しい地区でギャングも多く、

荒れに荒れている学校に赴任してきた

新米教師と高校生たちの交流…とかになるのかしら。

何度、泣いたか。泣かされたか。

思うようにいかない、

人生は不公平だ、

環境は自分ではどうにもできない、

そう思っている思春期の世代が観てもいいし、

私が見ると、「いい先生に出会ったなぁ~」と羨ましい。

主演のヒラリー・スワンクは『ミリオンダラー・ベイビー』の

印象が大きすぎて、痛々しいとしか覚えていなかったけれど

素敵な先生だった。

モナリザ・スマイル』で先生役をしたジュリア・ロバーツ

彼女自身が、というより、その先生が「うーん…」でしたが、

ヒラリー・スワンクの”先生”はよかった。

ヒラリー・スワンクって、体当たり的な人物が似合うなぁ~。

これが実話だっていうんだから、いろいろ考えさせられる。


にほんブログ村