読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

こどもたちの昇級

私のペン習字の競書誌「ペンの光」と一緒に

『学年習字』(子ども用ペンの光、)が届いた。

わくわくしながら、級位を確認しましたが、

規定部・筆ペン部ともに私は昇級せず。

さてさて、こどもたちはというと、息子はギリギリで規定部の硬筆が昇級。

娘も昇級しているかな?と思って確認すると、娘も昇級。

しかも、トップで!

首席で昇級だなんて、子ども時代を含めて

いまだかつて私ないんですけれど。

もちろん、模試でも全国1位なんてなったこともなく…

すごい~!とびっくり。

写真にも載っていたけれど、10級から9級になっただけなので

写真で級が上のこたちと一緒に載ると、アラが目立つ…。

息子は今月提出の課題、「正しいマナー」がかなりうまく書けている。

それが本人にもわかっているようで、

今月の気合の入り方が違う。

いつもは「5枚書いたら、やめていい~?」というやる気のなさで

こういう子は通信とか独学無理だーっと思うのが常なのに

今月は「もう1枚書いていい?」と俄然、張り切っている。

一方の娘は、「当面のあいだ」という課題文、

どこをほめていいのやらというほどに苦戦中。

私も今度こそ筆ペンで昇級!を目指したいところですが、

私が書きやすい課題文が出るまでもう諦めの境地。

私が書きやすいとき=みんなが書きやすいときで、

結局、昇級しないんだろうなぁ…。

親子で硬筆とペン習字、続いてます。


にほんブログ村