読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

イギリスから誕生日便

ロンドンのパルから誕生日便か届いた。

中にはエッセンシャルオイル配合の石鹸、ラベンダーのハンドクリーム、

小皿にキャスキッドソンの紙。…紙?!これはどういう使い方をするの?と

いまだに謎のままですが。

それにチョコが3種類。

なぜかミント入りが入っていて…ミントはダメって言ってなかったっけ?と

泣きそうになりながら食べてます。

家族の誰も食べないミント味のチョコ。

このチョコだけならおいしいのに、トッポのように細い管の

中にミントが入っていて、おいしいチョコの邪魔をする。

やっぱりミント味、好きになれない。

1881年からという老舗のチョコレートらしいのだけれど。

バースデーカードには「とにかくイギリスのもの、伝統的なもの、

あなたが好きそうなものを詰め込んだわよ!」と書かれていた。

彼女のセンスは大好きで、今回は特にバースデーカードが素敵だった。

これ、動くんです、ゆらゆらと揺れる。

揺れると窓が開いたり、蝶が舞ったり…

「素敵ね~」とこどもたちも言うほど。

いいでしょ~、と自慢してます。

イギリスでの議員さんが銃撃された事件もアメリカのオークランドでの銃撃事件も

どれもこれもイギリス、アメリカのパルたちが口を揃えて

”unexpected"(予期しなかった)と言う。

予期しなかっただけに、驚いてまだ言葉がない、そんな印象を受けた。


にほんブログ村