読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

担当医ロス

来月、通っていた歯科医院の担当歯科医が歯科医院を辞め、

独立開業をするらしい。

最初にそれを先生の口から聞いたときは、

あまりのショックに「えぇ?!」から後が続かなかった。

私が通う歯科医院は引っ越してきて土地勘が全くないときに

「あそこがいいよ~」と知人に紹介してもらって通い始め、

かれこれ12年。

とにかく歯科医の多い歯科医院で、わかるだけで5人以上。

担当してもらった歯科医も3人目…ですが、

いまの先生になってから8年くらい。

おっとりとした優しい先生で、なにをするにも丁寧!

最近はタイプの男性を聞かれると、俳優の名前などは全く出てこないので

「かかりつけの歯医者さん」

と答えるほどに知的で優しい先生が好きだった。

以前、担当だった歯科医はシャーペンの芯が出てこないのか?

という勢いでカチカチカチカチと麻酔を打っていたけれど、

いまの先生は「カチ…カチ…カチ…」とゆっくりで、

子どもたちにもいつも優しく、末っ子は

「また来るわ!」と歯医者を後にするほど。

「…いやいや、病院は来ないに限るで!」と突っ込まれてましたが。

小4の娘に「母さん、どこで歯医者するか聞いてきて!近かったら、行こう!」

と、フッ素塗布に行く私は頼まれた。

よし、近かったら…車で40分くらいなら新しい歯科医院へ行こう!と

こどもたちや夫と話していたものの、

独立先は車で1時間弱…遠い。

その歯科医院に限らないけれど、勤務医は独立開業をする。

担当してくれた先生たちも独立開業していったのだけれど、

それでも中堅の先生たちがいたので安心できたものの

いま担当してくれている先生が去れば、

その歯科医院は院長(50代後半?)、4年目、2年目…と中堅がいない。

私がフッ素塗布をしてもらっている横でもおばちゃんが、

「担当の先生がいなくなったら、院長先生にしてもらって!」と

言っていた。誰もが若すぎる歯科医はちょっと勘弁してほしい、

と思っているのがよくわかった。

しかし、私も夫も院長の雑な治療は好みではなく、

その歯科医院にいる若手の歯科医はというと、

「俺さ~、○ちゃんのこと~」と受付嬢相手にしゃべっていたり、

(「早く仕事に戻れ!」と待合室のみんな思ったに違いない)

「元気ですか~!?入れ歯はどうですか~!?」と

大きい声でおじいさんに話して、

「わしが悪いのは耳やなくて、口や。そんなに声ださんでも聞こえるわ!」

とたしなめられていたスポーツマンタイプと…

なんだか面倒くさそう~に、だるそう~に仕事をしていた女性歯科医。

誰が担当になっても嫌だ…。

ここにきて、まさかの歯医者を変える?!と目下、夫と相談中。


にほんブログ村