読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

50代のパル

スイスのパルの手紙を読んで、う~むといろいろと考えていて

気づいた。

50代のパル、意外に多いかもしれない。

スイスのパルにアメリカのパルにイギリスのパルにドイツにも…

娘が結婚して戻ったり、

お孫さんがいるけれど教育に口出すなと言われたり、

はたまた娘婿にいらっときたり、

娘家族をハリケーン襲来に例えたり…

もちろん、独身で50代のパルもいれば、

継子との関係に苦労している50代のパルもいる。

2か月ほど前にポスクロから文通をすることになったスイスのパル、

ご主人は某有名大学の理系教授、娘さんは薬剤師、

息子さんは建築士を目指していて…

「グーグルアースであなたの家を見るから、我が家もチェックして!」

と言われたんですが、

なんだかスイスはおかしいんですよ。

家の前にあるのがプールだろうと推察され、

その横にある車…おもちゃのミニカーでも置いてます?という対比で、

仮にこれがプールだとしても、この家の大きさはおかしくないか?

もしや、これはビニールプールか?

それともこの家はメゾネットタイプかアパートで4,5世帯は住んでいる?!

と思うように馬鹿でかい。

多分、きっとスイスのパルも我が家をグーグルアースで見て

思ったに違いない。

「この車の大きさにして、この家の大きさはおかしくないか?

これは物置か?家はどこだ?」と。

うさぎ小屋に郵便箱置いているの~と今度から言おうかしら、と

無駄な見栄を張りそうになるほど、大きい。

日本の私からすると、かなりの豪邸…、

いや、アメリカやオランダのパルたちの中でも一番の豪邸!に住む

彼女が手紙に書いていた。

「専業主婦を選択したことに一度も後悔はないわよ。」と。

彼女は確か博士コースまで進んで、そこで運命の出会いをして結婚し、

専業主婦。

こどもが成人した今どう?と聞いたら、その答えが

「専業主婦を後悔したことは全くない」と。

ブレてブレて、毎年のようにゆらゆらと揺れ動いている私とは

なんて違うことでしょう!とビフォアー、アフター風

に言いそうになった。

彼女はこどもの教育に力を入れ、音楽活動に力を入れ、

(趣味で夫婦で市民オーケストラ参加)

「夫は大学で仕事があるけれど、私は旅行に行くの~」と

旅行にも行き…

隣の芝生は青いってわかってはいるけれど、

「ほえ~」と羨ましいため息が出た。

ただ、私よりも年齢が上過ぎるため、妬みや嫉みの対象にはならず

私も50代にはそのくらいに…いやいや、無理か…と思う程度。

50代の私は想像できないけれど、

「後悔?全くしてないわよ。」と言えていたらいいなぁ。


にほんブログ村