読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

お金持ち

未分類

お金持ちとは、人それぞれに定義があるのだろうけれど、

私は”お金持ち”と聞くと、以前、聞いたおじさんの話を思い出す。

そのおじさんは、30年以上、勤め退職されたのだけれど、

”奥さんが大変な資産家”ということだった。

でも、いつも愛妻弁当持参で、高級車に乗ることもなく、

服も派手でもなく、控え目な普通のどこにでもいるおじさんだったとか。

ただ、そのおじさん、退職した翌日に机の中が私物で溢れていたらしい。

それを数人で片づけていて気付いた。

出てくる、出てくる、30年分の給料袋。

現金手渡しの時代に、30年分の給料袋、その金額1000万は超える。

それをおじさんは、鍵のかかっていない会社の机に、

定年退職したのに、そのまま放置。

会社の人が焦っておじさんに電話をすると、

「忘れとった」と。・・・30年分?!

はぁ~、金持ちは違う!と思わされた話。

30年間、給料を一度も持ち帰らなかったのに

奥さん、何も言わなかったのか?!と気になって仕方ないけれど、

きっとそれも”資産家の奥さん”には小金すぎて気にならなかったのだろう。

海外旅行に行ったり、ブランドものを買ったり、

高級車を買ったり、

本当の金持ちはそんなことしないのね~と思わされた、

という話を信用金庫のおじさんにしたところ、

1億貯めていたおばあさんの話を聞いた。

超高級住宅地に住んでいるのかと思えば、

いまにも倒れそうなあばら家に住んでいた、と。

それでも0が多すぎて、何度も何度も数え直すほどらしい。

ほぉ~…。

近所で泥棒がでたとかで、私が心配をしていると夫に

「いかにも小さい家は狙わないから。」と言われたけれど、

本当の金持ちはあばら家らしい。

泥棒さん、我が家は正真正銘のあばら家ですから。

ちなみに、我が家で一番高いものはピアノ。

たまに鍵を忘れると「盗られているものは???」と夫に聞かれる。

ピアノがあれば大丈夫、と答えてます。


にほんブログ村