読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

FBから手紙

郵便受けに入っていた手紙の差出人に見覚えがない。

こういうときは、中を開けたらポスクロのカード、

ということがよくあるので、

ポスクロかな?と思いながら開けると手紙が出てきた。

あれ?ポスクロのIDがない?と思いながら読むことにした。

「突然のお手紙、驚かれたことと思います。

どうやって、私の住所を知ったの?と思ったでしょうね。

友人のところにきたFB(フレンドシップブック)で

あなたの住所と名前を知りました。

日本人のペンパルが欲しいと思っていたので、

手紙を書いています。

よかったら、ペンパルになって~」

という内容でした。

オランダのパルに

「FB(フレンドシップブック)で文通始まったことある?」

という手紙を数日前にもらったばかりで、タイムリー!

FBで始まった文通、3,4人はいるかもしれないけれど、

定期的に送る、という文通相手はいない。

2,3ケ月に1度、ポトン…とくるような人ばかり。

これはこれで楽な気もするけれど、

どんな人だったっけ?!とアドレス帳をめくることになる。

フレンドシップブックよりも、フェイスブックペンパル見つけているわよ、

とポスクロで知り合った香港の女子大生が言っていて、

へぇ~と感心していたら、

知り合いはインスタグラムでペンパルを見つけたらしい。

いろんなところで文通相手を見つけているようです。

私は、最近はポスクロ経由で「文通相手になって!」と

お誘いをもらうことが多い。

ポスクロのメッセージで何通も送りあった後で、文通が始まると

急に会話のキャッチボールが遅くなった気がして

手紙よりメールでいいかも…と最初のうちは思うけれど

やっぱりちょっとタイムラグがある手紙のほうが気楽な気がする。


にほんブログ村