読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

ややこしいとき

ロンドンのパルから、

この日本語はおかしいよね?とメッセージがきた。

「昨日のための誕生日おめでとう。僕の法律の妹」

ええ、変です。

確かに。

ロンドンのパルも言っていたけれど、

日本語を理解することはできても、

どこがおかしいかを見つけたり、

これが正しい日本語かどうかを判断するのが難しい、と。

まさに私にとっての英語も同じで、

「この英語の間違いはどこでしょう?」というのは私も苦手。

メッセージはパルの妹の夫からで、

彼が機械翻訳して送ったたものだったらしい。

「僕の義姉へ、昨日はお誕生日おめでとう。」が自然な日本語、

と話したところで、

義姉?!となった。

義理の姉、sister in law 直訳すれば ”法律上の姉”、

義理の姉のことは義姉、っていうのよ~と話したら、

「いやいや、私は義理の妹だと思う」とパルが言う。

あれ?あなたは3人兄弟の長女でしょ?

妹の夫でしょ?と確認すると、

「妹の夫だけれど、私より年上」とパル。

いやいや、そうではなく、年齢は関係なく妹の夫は義理の弟で

あなたは義姉になると説明した。

私にも私より6つも年上の義理の弟と

8つも年上の義理の妹がいて…

私が一番年下なのに「義理の姉」とややこしい事態になってます。


にほんブログ村