読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

サウスカロライナのパルの手相

サウスカロライナのパルが素敵なディナーに行ったの~!と

メールをくれた。

ミシェル・オバマみたいなワンピースを着て。

フレンチのディナーだったようで、食事が豪華!

いつも彼女が送ってくれるポテト、ドン!

肉ドン!ピザ~!みたいな食事とは全く違ってびっくり。

そんな彼女に「我が家はいま手相ブームよ。よかったら、みるよ」と

伝えたところ、

”I'm a sucker for this type of stuff.”

(私、その手のものは大好き!)

ということで、手の写真が送られてきた。

”I wait with bated breath!”

(息を殺して待つわ!)と。

どれどれ…あらあら、へぇ~、ほぉ~でした。

彼女の手相の特徴は感情線が枝分かれしていて、

しかも上を向いているので、いろんな人に気を遣う人っていうこと。

気を使いすぎて疲れることもある線。

マネージメント線もあって、人と会話しながら、

自分の思った方向に人を持っていくことができる、

つまりコミュニケーション能力が高い。

頭脳線もゆるやかにカーブしつつ長いので、

慎重に考えるタイプ。

結婚線は1本。

そして、彼女にも仏眼があった。

私が手相を見る人のほとんどには仏眼がある気がする…

とすら思うほどによく見かけるのだけれど。

生命線の終わりごろにあるたくさんの横線、妨害線が

ちょっと気になったので、

年を取ったら、いろんなことに気をつけなさいって

でているわよ~と伝えつつ、手相は日々変わるわよ~と

付け加えた。

カナダのパルからも手の写真が送られてきたけれど、

彼女はとても絵を描くのがうまい人。

それが手相にもあちこちに現れていて感心した。

手相全体でも”私は芸術家よ”と訴えているような手相でした。

娘と一緒に手相、ハマってます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村