読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

私のお盆

未分類

お盆に帰省して高校まで英語を教えてもらっていた先生のお宅へ

久しぶりの訪問。

英語の成績もそれなりによかったので、

「どんな塾に行っているの?」とよく聞かれた。

個人のこぢんまりとした英語塾で、

内容は…

「『ジョーブラックによろしく』のブラピはいまいちだった!」

「『ショーシャンクの空』を観てない人は映画好きとは認めないから!」

「『ロミオとジュリエット』のディカプリオには”様”をつけたくなるわ~」

というようなもので、

そういう映画トークやらセレブのゴシップを私が問題集を解く横で

熱く語られて、

「ディカプリオの『太陽と月に背いて』がすごかった!」

(私にとっての初のモザイク映画だったので)

というように私もついつい映画を語り?…

「今日も勉強しなかったわね~、あはは」

と笑いながら帰ってました。

冬ソナのDVDを借りたり、ドラマや映画の趣味が似ているので

いつも気づくと同じ映画を観ていて感想で盛り上がる。

そんな私が先生に久しぶりに会って、

『ダウントンアビー』を二人で2時間も熱く語った。

ロンドンのパルに

「以前教えてもらっていた先生とダウントンアビーで

2時間語ったわよ!」と話すと、

彼女の東京の友達も『ダウントンアビー』に最近ハマったらしく、

いろいろ語るものの、ロンドンのパルは詳しくないので、

「日本の友達のほうが詳しいって、おもしろいわ~」と笑っていた。

イギリス英語が大好きな先生で、

『傲慢と偏見』を何度観たか!という話でも盛り上がった。

3回は私、観た!!というほどに私も好きですが、

先生はさすが、DVDを持っていた。。。

そういえば、先生は昔から、コリン・ファースのファンで、

コリン・ファースのかっこよさがわからない、

と高校生の私が言うと

「大人になったら、わかるから」と言われたものです。

先生、30過ぎましたが、やっぱりコリン・ファースの良さがわからない!

私はやっぱりヒュー・グラントのほうがかっこいいと思う!とか

とーっても重要度の高そうな話をしたのよ、と

ロンドンのパルに語ったら、

コリン・ファースかっこいいと思うわよ~」と言われた。

えっ?…そうなの?

ビールのおいしさもいまだにわからない私、

ビールとコリン・ファースの良さがわかったら大人ってことかしら?

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村