読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

サマーキャンプ

フランスの元軍人パルから

「あなたのこは、どのくらいサマーキャンプに行く?」と

メールが来た。

サマーキャンプに行くのは当然のような口ぶりで書かれているけれど

日本ではそんなに一般的ではないような。

彼女の10歳の息子くんも17歳の娘ちゃんも2週間のサマーキャンプへと

出かけて行ったようです。

二人が同じキャンプではなく、別のキャンプで日程もずれている。

15歳の息子くんも、もうすぐサマーキャンプに行くと。

サマーキャンプなんて、うちの子たちは行ったことないし、

日本では一般的ではないわよ~と話すと、

「ずっと家族でいるの?!」と驚かれた。

何度、パルたちに言われたことか。

「ベビーシッターを雇わないって、どうやって夫とデートするの?」

「夜にディナーに行くときは子どもはどうするの?」

そういうことを言われる度に、

欧米って、夫婦が単位なのね~と思わされる。

常に家族で行動も

夫婦別室で母子同室で寝ることも、

日本では一般的なことなのだけれど、

これを初めていったときのパルたちの衝撃、

毎回、笑ってしまいそうになるほど。

アジアや中近東では「こどもと一緒の部屋で寝る」と言っても

一度も驚かれたことがないから、

聞いたことはないけれど、同じような感じなのだろう。

離婚して、ステップファミリーをしているカナダのパルの家に

夏休みの間、父親の家で生活している10代の息子が

やってきていて、各種、トラブルを起こしている話が

カナダのパルの手紙につづられていた。

彼女の夫、彼にしたら継父への敬意がないと

憤慨しているけれど、10代のこどもなんて、

実の親にも敬意を抱かず反抗するだけの年代だろうに、

それを他者にまでって、無理な相談じゃないの~?と

他人事なので思いながら読んだ。

こどもたちの反抗期がいまから想像して疲れた。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村