読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

愚痴った

「ママ友に愚痴らない」、これ鉄則ね!と

先日、子供の時の英語の先生に言われた。

「ママ友と友達は違う、これはテストに出ないけれど真実」と。

あぁ~、わかるわぁ~とノートを取ってしまいそうになった。

日本のママ友や友人には

どうも身構えてしまう今日この頃。

ということで、愚痴る相手は海外のパルたち。

この頃、とーんと手紙が来ないペンシルバニアのパルに

「バスツアーで忙しいんだろうとは思うけれど、

ちょっと聞いて~!!」とメールで愚痴った。

小学校で1学期に起きた我が家のこどもたちに関する事件、

海外のパルに話すと、100%の確率で

「校長には相談したのか?」と聞かれる。

いやいや、日本の学校では、まずは担任。

それから学年主任や教務主任、教頭、それから校長、

それから教育委員会っていう具合でして、

今回の場合は教務主任までは登場しました。

でも、これは多分、きっとレアケースで、私がほかのママさんに

学校に問題について電話したと話したら、

「よし!次は私も我慢せずに言う!」という決意は聞くものの

実際に言う人がどれくらいいるのか。

モンペのように思われたくないし、と躊躇している保護者は多い。

モンペ(モンスターペアレンツ)、

英語ではHelicopter parents(ヘリコプター両親)という。

私もいま、その扱いにされているかもしれないわ、と

パルに話した。

I'm sure it means a lot to your children that

you stand up for them, and try your best

to improve a bad situation.

(あなたが立ち上がって、子どもたちの悪い状況を

よくしようと最善を尽くした意味は、

あなたのこどもたちにも大きいに違いないわ。)

You are absolutely not a helicopter parent!

(あなたは全くヘリコプター親じゃないから!)

They monitor their kids' lives 24-7,

no matter what's going on.

(彼らは365日子どもたちの生活がどうなっているか監視するのよ。)

(24-7、24hours 7 days =365日という意味)

You're just teaching your children right from wrong,

and trying to keep them safe and happy.

(あなたはただあなたのこどもに善悪を教えて、

彼らが安全で楽しくできるようにしただけよ。)

right from wrong:善悪のけじめをつける、

彼女のメールの最後には

「私が近くにいたら

”良いママ”をやっているあなたにチョコをあげるわよ。」

とあった。

私がケガしても、落ち込んでも、いやなことがあっても、

とりあえず、「チョコあげるから、元気出しなさい!」というパル、

多すぎる。

私は子どもじゃないんだから!

チョコ…送ってくれるならニコニコで食べるけれど。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村