読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

ピアノと女子力

未分類

気の早い娘はピアノの音楽発表会に弾く曲を

ピアノの先生に「あれはどうかしら?」と言ったりしている。

先生により、選曲方法は違うのだろうけれど、

娘の先生は苦手な曲調を弾かせることが多い気がする。

打鍵の弱い小2の息子はガンガン弾かなければいけないような

迫力いっぱいの曲を毎年渡され、

「指が痛い…」と毎年、愚痴っている。

そして、娘はといえば、

「今年も女子力を上げるぞー!」と毎年、

先生より女子力アップの曲を渡されるのに

娘は打鍵が強すぎて、なんだかいつも迫力いっぱい、

寧ろ、鬼気迫るものが…怖すぎ…となる。

今年は同じ教室の子と初連弾で、

「テーマは女子力!女子力の足りないペアだから!」と。

流れるような~可憐な曲にするそうですが、

ガンガン弾くタイプの二人にそんな選曲、

先生はチャレンジャーだわ~と感心した。

ピアノの先生がいうには、

どうも先生の性格や弾き方にマッチした生徒が集まるらしい。

確かに娘が通う教室はどちらかというとガンガン弾く

打鍵が強い子が多い気が発表会を聴いていてもする。

私は先生に「メイさんのピアノって、優しいのね~」と

言われるほどに打鍵が弱く、

私に教えてくれた先生も優しい儚げなピアノ曲が得意だった。

友人の娘さんが娘と同じ曲をピアノで弾いているのを

先日、動画で見せてもらった。

同じ曲か?!とスマホを落としそうになるほど

女子力高かった…。

なんでかしら…と娘に聞くと、その子の手を見たことがある娘は

「手相の差」と。

あぁ~、なるほど!って、なりませんけど…。


にほんブログ村