読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

喧嘩の種

海外のパルたちと話したり、手紙を読んでいて…

いや、正確には日本の人でも同じなのだけれど、

ん?はい?と意味が分からない時がある。

きっと、そういう価値観なのね~とわかったつもりで、

「へぇ~」「ほぉ~」と相槌を打つ。

サウスカロライナのパルから手紙が来た。

彼女は新しくブラジルの友達がネットの中でできたようで

家族や友達についてチャットしているらしい。

「花子(私の娘)についても自慢したし、

太郎(私の息子)についても自慢したわ。

次郎(私の末っ子)はただかわいい!でいいのよ。」と。

ブラジルのその女性はものすご~く花子に興味を持ち、

花子を出産したときの私の年齢や私の学歴、

はたまた花子の進路についてまで聞いたらしい。

「すごく違和感ない?変よね?」とサウスカロライナのパル。

その上、「花子って、実は10代よ!小学生なわけがない!」

とブラジル人女性が言い出したようで、

喧嘩したらしい。

・・・はい?

サウスカロライナのパルとブラジルの女性が

私の娘の花子のことで喧嘩?

あれ?どこか読み飛ばしたかな?

喧嘩になる理由がわからない。どこ?なんで?

小4の発言には思えない、そんな成熟した発言、

それはティーンエイジャーよ!と言われ、

「花子は私より賢いのよ!

あなたは自分より賢く若いこを許せないの?」

サウスカロライナのパルは言い返したらしい。

あれ?待って、ちょっと待って。

花子の母親の私でもついていけないんですけれど…と

手紙を読んで思った。

多分、そのブラジル人女性は若くて、

まだ子供がいないか娘がいないのね。

娘ってね…それはもう辛辣な批判を小4でもするんですよ、

TVに出ている毒舌コメンテーターなんて比じゃない毒舌で

わかっているけれど誰も触れない、

痛いところをグサっと突いてきて、

ぶった斬るので、つい対等に喧嘩して

「あなたは大人でしょ?」と私が夫に呆れられる、

そんな日々なんですけれど。

小4でこれならティーンエイジャーって、恐ろしすぎるわ!!

と、もう合言葉のようにママさんたちで言ってますが。

喧嘩って、どんな小さなことでもできるのね~と呆れながら

手紙を読んだ翌日、夫とケンカした。

些細なことで。

しょうもないことで喧嘩はできるわよね!と

私も返事を書こう。


にほんブログ村