読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

近い?

海外のパルたちと話していると感覚の違いに

眩暈がすることがある。

手紙が届かないとき、「もうちょっと待ってみたら?」

のその”もうちょっと”、

私は2,3日感覚だったのだけれど、

アルジェリアのパルが1週間だったときとか。

昨日、サウスカロライナのパルからメールがきた。

ハリケーンの後、恐竜の歯が出てきたらしい。

地元の新聞でも話題になっていたらしい。

「家から近いのよ!」と言うので、

へぇ~と家から車で30分くらいの距離なのかと思っていた。

夫に「アメリカ人の近いって、日本人には遠いよなぁ」と

いままでのいろいろから言うので、

そうかも…と「車で何分?」と聞いてみた。

「車で2時間」だそうです。

・・・それを近いっていうのか?!

「やっぱりな」と夫はしたり顔だったけれど、

近いっていうのは私には車で30分が限界だわ~と

サウスカロライナのパルに言うと、

パルの家から車で30分圏内には幼稚園も小学校も

スーパーも職場もなかった。。。

インディアナ州のパルが月1回持病の定期検査に行く病院が

”ちょっと遠い”ので、

近くで病院を探していいかと医者に尋ねたら、

「医師を傷つけてしまったみたい。」と手紙に書いていた。

医師たちは本当によくやってくれているけれど、

”ちょっと病院が遠い”という話だった。

月1回なら行けるけれど…ということだったので、

「それって、車で何分?」とメールで聞いてみた。

”ちょっと遠い”、私の中では車で1時間くらいだから、

まぁ、2時間くらい?と思っていた。

彼女からのメールを見て、びっくり。

簡単な文法のメールを「読み間違い???」と読み返したほど。

「車で片道5時間」。

…本当にこれが”ちょっと遠い”の?

月1回なら苦痛じゃないって?

近い、遠いなんて個人差があるだろうけれど、

本当に”ちょっと遠い”レベル?

私には車で5時間は年に2回でもしんどいわ…。

もうアメリカ人の”近い”とか”ちょっと遠い”って、

信じられない…。

「アメリカ、広いなぁ。。。」と夫と呆然とした。


にほんブログ村