読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

『旅するジーンズと16歳の夏』

洋書で読もうか日本語で読もうかとずーっと

お気に入りに入れていた『旅するジーンズと16歳の夏』、

映画で見てしまった、字幕版で。

よくある10代の悩みや鬱憤の映画、

若いころを振り返って懐かしく見れる人もいるのだろうけれど、

そういう時代がなかった私は

「若いからって、なんでも許されるんじゃないから」と

毎回ぶーぶー言いながら見るので、

青春ものは苦手。

でも、この映画はうまい具合に若者の気持ちを描きつつ

それほどぐちゃぐちゃにならないあっさり具合。

なんだか物足りないわ~と思ってしまったけれど。

主演女優たちがいまとなっては、驚く人たちになっている。

『アグリー・ベティ』のアメリカ・フェレーラ

ギルモア・ガールズ』のアレクシス・プレデル

『ゴシップ・ガール』のブレイク・ライブリー

アンバー・タンブリンの4人。

アンバーだけはあちこちのドラマで見たことはあるけれど

これで有名!というのは知らないけれど…。

映画自体もよかったのだけれど、挿入歌がまたよかった!

どの曲もすごく合っていて、

特にギリシャで恋人が大学に戻るときの曲が

「あぁ~!!『Brothers&Sisters』でも流れていた曲!!」でした。

あのときも、これいいわ~、誰が歌っているんだろう。

ノラ・ジョーンズっぽいんだけれどなぁ~と検索して

結局、ノラ・ジョーンズのあまりの曲の多さに検索を諦めた

という苦い思い出まで思い出したけれど、

再挑戦してみた!

そして、発見!!

Rachael Yamagataという日系アーティストの

"Be be Your Love"という曲でした。

やっぱりノラ・ジョーンズに似ているわ~。


にほんブログ村