読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

ハロウィンカード

アメリカのサウスカロライナ州のパルからハロウィンのカードが来た。

14779927270.jpeg

ハロウィン、今年もかぼちゃのスイーツ食べて終了予定だったのに

子どもたちは徒党を組んで、それぞれの家を回った。

一味にうちの息子もいたので、我が家もいきなり、

Trick or Treat !」と急襲された。

えっ?何人?とドアホンで確認すると8人…。

それぞれの家を回って、お菓子を手提げいっぱいに入れている子どもたち、

私も急いでお菓子を用意、

その間にも玄関で「トリック オア トリート!!」と叫び続けられた。

息子に話を聞くと、8人で遊んでいて、

その8人の家を回っているだけだ、という話だった。

徒党を組んで、お菓子をほくほく顔で集めていると言う子どもたちに

「知らない家にまで行ったら、あかんで!」と言ったのに、

言ったのに…

息子は近所の習い事の先生宅まで急襲。

「お菓子ないわ~。これでいい?」と旭川ラーメンをもらって帰った…。

先生、大変申し訳ありませんでした…とラーメン見せられて驚愕して

メール。

次のレッスンのときには、なにか持っていかなければ…。

徒党を組んで急襲した一味の子をもつママさんと、

「いきなり家に来て、菓子出せ!って、焦るわ~。」と話した。

「うちの息子は近所の仲良しのおじいさんのところまで

みんなを連れて行ったらしい。」と

菓子強盗団が町内を暗躍したことを後から後から知って、

もう、「ひぃ~!!」以外の言葉が出てこない。

息子によると近所のおじいさんやおばあさんの散歩中に会い、

「何しているの?」と聞かれ、ハロウィンの説明をみんなでしたらしい。

それぞれ仮装?していたけれど、

その後、町内の人に「あれは忍者?」「妖怪?」「お化け?」と

いろいろ聞かれた。

お菓子集めに必死すぎてこどもたちの仮装、見てなかったけれど、

「すごい楽しそうに歩いていたで!」といろんな人に言われた。

子どもたちはハロウィンを楽しんだらしい。

私は変な汗ばかり出たハロウィンだった。


にほんブログ村