読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

audibleしてみた

未分類

そういえば、アマゾンでもaudibleってあったような、と思い出し、

無料体験してみた。

体験3日、聞いた時間は3時間。

まず、『ハリーポッターと賢者の石』。

我が家にも分厚い本があって、こどもたちが漢字の多さで

朗読して!と私に言うので、言われると渋々、朗読するけれど

長い!!終わらない!!まだ50ページです。。。

みんな夢中で聴くけれど、私の喉に限界がきて終了していたけれど、

それがオーディオブックにある!!と聞かせてみた。

朗読者、江守徹。渋い声だった。1冊10時間。

子どもたち、30分で、「もういい~」と言われた。

声は渋かったけれど、ずっと聴くって面白くない、と言われた。

それでは、と私も聴いてみた。

赤毛のアンで英語漬け』 茂木健一郎

『留学しないで英語の頭を作る方法』斎藤兼司

『English Journal』 2016.12月号

赤毛のアンで…』朗読は藤谷文子さん。

日本語はそれほど好みの声ではないけれど、

英語が日本人っぽくないアクセントの強くない英語で、

英語を聞くときは、この人のを選ぼうと思ったほど。

でも、5章ほどで戦線離脱。

これがあとどのくらい続くのか、

パラパラと読みながら先を見る癖がある私、

先が見えないってきつい。

『留学しないで…』は、いっそのことオール日本語なら

苦痛じゃないのかも?と思って決めた。

全部日本語だと朗読の速度が遅く感じる。

audibleでは聴くスピードを変えれる、

英語の時は1.30くらいの倍速で、日本語では1.45くらいにした。

私が目で読んでいるときは、これよりも早いけれど、

耳で聞くと、結構、しんどい。

耳のほうがしんどい~とこれも途中で飽きた。

『English Journal』は新イギリス首相のスピーチ入り。

これは本がいる…。

結論、たった3時間ですがaudibleから撤退!

「目で読むほうがいいわ~」と娘と言い合った。


にほんブログ村