読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

おすすめの本と私の紅茶

オーディオブックの件でロンドンのパルから

メッセージがきた。

"Physical cd is better for you?"

(フィジカルCDのほうがいい?)

physical cd???

physicalって、身体的なって意味よね?

フィジカルトレーニングってサッカーでよく聞く単語だわ。

対義語はメンタルトレーニング(メンタル:精神的)でしょ?

CDに精神的って、なに?!と混乱中の私に、

”Which do you prefer?" (どっちがいいの?)と

ロンドンのパルは回答を迫ってくる。

ちょっと待って…

いま、physiccal cdとやらに混乱中なんですけれど…

もしかして、イギリスにはmental cdまであるのか?と

つい質問して爆笑された。

physical cdはこの場合、一般的なCDを意味していて、

その逆はmental cdではなく、digitalでした。

digital.ダウンロードした音楽や曲を表す。

知らなかったわ~と夫に話すと、夫は知っていた。。。

あれ?みんな、知っている単語だったのか?!

ロンドンのパルが私におすすめしてきたのは2冊、

”The Woman Who Went to Bed for a Year”

家族がお母さんに当然のように世話してもらうことに

お母さんがうんざりして、

寝室に1年いる、というストーリーらしい。

「あなたにぴったり!」と。

た・楽しそう…と、つい思ったのは事実。

"The Queen and I"

日本語翻訳版も発見!

それによると、イギリス皇室一家が宮殿を追い出され、

庶民生活に四苦八苦し、その一方でバッキンガム宮殿から手を振り

歓喜の声に応じるのは日本の天皇…というあらすじ。

それを日本の私に「面白いよ」と紹介するロンドンのパル、

反応に困るわ~。

上流社会や皇室一家を皮肉るのがイギリスの国民性だと

ロンドンのパルと話していると、つくづく感じる。

そういう風刺や皮肉、嫌いではない。

二つの本はどちらも作者はスー・タウンゼント(Sue Townsend)。

残念ながら2014年に亡くなっていた。

ロンドンのパルがAmazon UKのリンクを貼ってくれたので

レビューを見た。

いろいろと書かれていたけれど、

私が「おぉ~!!」と思ったのは、その中の一人が書いていた、

"Just not my cup of tea.”(私の趣味じゃないわ)

なんて素敵なイギリス英語、紅茶がでてくるなんて

まさにイギリス!!と感心したわ~と

ロンドンのパルに話して、笑われた。

私も今度から断るときには使おう、

”It's not my cup of tea."


にほんブログ村