読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

台湾の高校生

ポスクロで台湾からの一枚が届いた。

登録してお礼メッセージを書いたところ、「ペンパルになってくれませんか?」と

返事が来た。

相手は台湾の女子高生…。

日本の女子高生とも会話が続く自信がないのに

台湾の女子高生?なにを書くの?と思いながらも、

「いいよー」と二つ返事で了承。

やってみなくちゃわからない!

ということで、彼女からファーストレターが届いた。

彼女の高校は日本が台湾を統治している時代に建てた学校で、

彼女の高校だけでなく、台北の高校や大学も日本統治下に

建てられたもので、日本に感謝している、

という台湾の女子高生の手紙で、歴史を知った。

彼女の通う高校、花蓮女中は、昭和2年に日本人のために作られた高校で、

数%の台湾人が当時は在籍したらしい。

当時は2万人近くの日本人が彼女の地域には住んでいたとか。

花蓮女中(女子高)は、とても由緒ある高校のもよう。

本の学校の制服はどんな感じ?と手紙の中で聞かれた。

女子高生、もう若すぎて、自分の娘にしか思えない。


にほんブログ村