読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

社会が見える言葉

スペルミスもなければ、住所も完璧なのに

なぜか舞い戻ってきたバージニア州のパルへ出した手紙。

しかも3通目にして戻ってきたので、

「どこかおかしいところがあれば教えて!」と

彼女にメールしたら、

「2回確認したけれど、あってるわよ!

どうして届かなかったのかわからない。」という事件があったものの、

その手紙が無事に着いたらしい。

ほぼ2か月の旅。

アメリカ、遠いわ…。

そんな彼女がメールに書いていた、

土曜日に私の手紙が着いたようで

”It made my weekend!" (素敵な週末になったわ!)

You made my day! は、よく聞く言葉で

あなたのおかげで、素敵な一日になったわ!という意味。

この言葉、私の中ではアメリカ!!っていう感じの英語だわ~と

前から思っていた。

夫は理解してくれないけれど、

たまに、「うわぁ~、さすがアメリカ人!アメリカ!」と

言いたくなるような英語がある。

例えば、チャットとかしているときに、

"I'll let you go." と言う人がいる。

直訳すれば、「そろそろ、あなたを行かせるわ。」と

あなたがそろそろおしゃべりを終わらせたいでしょ?というふうに言いつつ、

「ごめん、そろそろお開きで」と言いたいときに使う。

”I have to go." (ちょっと行かなくちゃ)と言う人も多いけれど、

私は”I'll let you go."を知ってから、

お気に入りのフレーズとしてよく使ってしまう。

他人のことを考えているように見せつつ、

自分の意見を言う、高度なテクニックですよ。

ロンドンのパルは、よくても悪くても”Interesting".

イギリスではやたらとinteresting(興味深い)を連呼するって聞くけれど、

あれは本当だから!と言いたくなるほど。

ただし…実際はあまり興味がないとき、もしくは皮肉を込めて

"Interesting."と使うことが多い。

そうかと思えば、ほめている?この流れは良い意味で言った?と思うときもあり、

つい、「良い意味?悪い意味?どっちのinterestingなわけ?」と

たまに空気が読めずに聞いてしまうことも。

アメリカ人のパルなら、ここは”I see,"(ふ~ん)レベルでも、

ロンドンのパルは”Interesting." ただし、「ふ~ん」レベルです。

言葉はやっぱり社会が見えて面白い。

そういえば、小4の娘が社会が見える発言をしていた。

「お父さんは働きアリ、うちら子どもは幼虫。」と。

えっ?じゃあ、お母さんは女王アリ?と聞いたら、

ちらっと横目で見てから「働かないアリ」と。

”働かないアリ”:集団に2割はいて、働かないアリを排除しても

また2割の働かないアリがでてくる。働きアリが疲れたときに働く。

私の中では夫が”働かないアリ”扱いされていると思っていたのに私だったか…。

「こどもはよく見ているなぁ~」と夫はうれしそうだった。


にほんブログ村