読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

年賀状、今年はかなり多めに出したはずが、

出したところから来ず、出してないところから受け取って、

「えぇ~!!」「ひぃ~!!」と元日から叫んでしまいました。

年賀状、難しい…と毎年思い知らされる。

難しいといえば、お正月にアメリカのパルからロングレターが来た。

A4より大きい紙に裏表8枚…。

「パートタイムの仕事が忙しい」とは聞いてきたけれど、

パートタイム先が裁判所だったとは!!

判事の秘書のようなことをしていて、

「中に一人、嫌な奴がいるけれど、それ以外はまあまあいい職場」らしい。

判事でも人格者ばかりってわけではないのね、やっぱり、と

妙に納得してしまった。

彼女は去年の感謝祭を彼女の親せき宅で過ごし、

その時、甥っ子さんの彼女にも親せき一同初対面。

それが…「好きになれなかったのよ~」という内容が書かれてあった。

まず、何がダメだったか、

「握手が弱々しい!」とダメだし。

・・・えっ?そこ?

手が汗で湿ってたとかならともかく、弱々しいのがダメ?

ついロンドンのパルに「アメリカ人って、握力検査よろしくぎゅー!!って

握手のときに握りしめてほしい人種なの?」と聞いてしまった。

とりあえず、強く握手しろってこと?と聞いたら、

「しっかりと手を握って、自信に満ちた握手は第一印象で大事よ!」と。

握手なんて、初対面でしない日本人なもので、

私の握手が弱々しいのか力強いのかもわからないわ~。

ネットで海外の人と会話もできるし、いまはネットの時代よ~!

と思っていたけれど、握手はさすがに無理だわ。

日本で第一印象を決めるものって、なんだろう。

挨拶?言葉づかい?声のトーン?服装?

第一印象は最初の15秒で決まり、

その第一印象を覆すには2時間以上かかるらしい。

第一印象を覆すには、かなりの労力も時間もかかるけれど、

がらっと印象を変わるときというと、予想外に手書き文字が美しかった人、

その逆に女子高生みたいな字だったら幻滅する。

今年は「あら!」と驚かれる手書き文字を目指すぞ!というのを

こどもたちと新年の抱負にしたい。


にほんブログ村