読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

クリスマスにかける熱い思い

海外文通を始めて、やっぱり文化の差だわ~と思うときがある。
それはクリスマス!
ドイツのパルたちは「クリスマスマーケット楽しんでるわ」程度、
フランスのパルも「クリスマス楽しんでいる?」くらいで、
そのほかの国々、イタリアやオランダのパルも
日本の私と同程度のクリスマスな気がする。
テンション、そんなに上がらないよね…という中で、

「今年はクリスマスの食事は祖父母宅よ!
去年は私がホストをして、食事もデコレーションもすごかったのよ!
妹と協力して飾りつけしたんだけれど、
みんなに絶賛されたんだから!
ベビーシッターにもクリスマスプレゼントを用意したわ!
クリスマス、楽しんでいる?」
とはサウスカロライナ州のパル(30代)。

「今年のクリスマスの飾りつけは去年よりダメだったかも。
でも、お気に入りのオーナメントを出して…以下略
ショッピングにあちこち出かけて、帰ってラッピングして…以下略
あなたへの大きなクリスマス便も
もうすぐよ!まだクリスマスショッピングが終わらないの~!」
というペンシルバニア州のパル(50代)。

「遅くなったけれど、あなたのこどもたちに
クリスマスプレゼントとしてパジャマ買ったわよ!
あなたの夫には長袖Tシャツ!
超かわいいから、送る前にメールで見せたくなっちゃった!」と
メールをくれたのはインディアナ州のパル(40代)。

ねぇ…クリスマス、すでに終わってますよ。
もう1月、2017年ですって。
それなのに、アメリカのパルたちのこのテンションの高さは何?と
私は日本で呆然。
これが文化の差?
若い人だけではなく、30代~50代のパルたちですら、
こんなにテンションが上がる時期、それがクリスマス。
去年のクリスマスは我が家はノロ全盛期で、ケーキすら買わず…
もちろん飾りつけなんてするわけもなく。
日本で彼女たちのこのクリスマスのテンションの高さに匹敵する
私が盛り上がれるイベントなんてあったかしら?
お正月も親戚訪問に疲労困憊したし、
バレンタインはチョコ、チョコ、チョコ!とテンションは上がるけれど…
飾りつけや食事に燃えるわけでもなく、
そう考えると、私には”誕生日”が一番、うれしいときかも。
でも、アメリカのパルたち、誕生日はカード1枚。
クリスマスには小包。
・・・日本人の私としては、逆がいい!
クリスマスはカード1枚でいいのよ、
誕生日に小包を送って~!と思ってしまうのだけれど、
これも文化の差?それとも個人的感覚の違い?

ペンシルバニア州のパルのご主人は郵便配達員で、
郵便局主催のクリスマスパーティーが毎年、
近くのレストランでバイキング形式で行われるらしい。
(英語ではbuffet:ビュッフェ)
毎年同じだから、お皿に何を置くべきかは決まっているほどとか。
「メイが行くなら、サーモンと濃厚チョコレートケーキに
しておきなさい」とアドバイスまでもらった。
incredible salmon and rich chocolate cakeだそうで
(信じられないほどにおいしいサーモンと濃厚チョコレートケーキ)
クリスマスは終わったのに
クリスマスの食事を想像してよだれがでてきた。。。

 

 

 


にほんブログ村