読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

センター試験をしてみる。

久しぶりにセンター試験を解いてみた。
私が受けたときは、世界史が一番高得点で国語と英語がひどくて
「センターには魔物が住んでる!!」と友人たちと語り、
「実力が出ただけ」と担任の先生に言われたっけ。。。

世界史なんて、まーったく記憶にないので、
英語と国語に挑戦。
国語、6割でした。
古文と漢文がひどかった…
漢文は英語より難しかった、これ今回の発見。
センターの漢文って、こんなんだっけ?!と衝撃を受けた。

得意だったはずの古文も、ボロボロで夫に
「メイさんは結局、読書量でカバーしてて
大抵の古典のストーリーも現代語訳まで知っていたから
古文ができただけでは?」という衝撃的な突っ込みを受けるものの、
ぐぅの音も出ない。
『木草物語』なんて、あったの?!って焦ったのは確か。
大体の古文の読みはあっていたのに、設問ではきっちり間違えた。

そして、リベンジすべし!と英語を解いたら…
135点でした。ちーん…。
2つある長文はパーフェクトだったんですよ!
パーフェクト!!
特に、最後の長文は「友情」がテーマで、
センター試験を解いた年代の学生たちには理解できまい、と思いながら読んだ。
この長文テーマを理解できるのは10年後で、
きっとそのころにはセンター試験で出題された英語の長文なんて
すっかり忘れているだろうけれど、いい話だわ~。
「長い友情を築くためには、問題が小さなうちに解決するべき」とか
「友情は形を変える」といったことが書かれていて、
30代の私には大いに納得。

しかし、文法問題は相変わらずの苦手っぷりで凹んだ。
第4問は話題のPPAPもどきがでてくるんですが、
そこもきれいに間違えた。
第4問、平均も低いよね?えっ?現役はできるの?と
すでに平均点が気になる。

数学IAをした夫、「ちょっと旅に出てくる」と
現役時代の栄光を探す旅にでた。
できたはずなのに…現役のときは、できたよね?と
かなりショックを受けたセンター試験
「いまがピークだから!」と、高校の時に先生に言われたけれど、
あれって、もしかして事実?!といま気づいてショック。
来年のセンター試験、国語と英語はリベンジするぞ!と
密かに燃えている。