読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

入学式に着物で

入学式に着物を着たい!とむくむくと思い立った。

みなさん、どんな着物を着るのかと思って

あちこちのブログやらを見てみると

色無地が意外に多い。

訪問着が一般的だと勝手に思っていたのでびっくり。

 

着物を入学式に着たい!と思ったのも

いまある着物をなんとか着たい!と思ったからで

わざわざ購入しようとは思っていない。

 

私が持っている中で、入学式にも着れそうな着物…

訪問着が一枚、ある。

淡い紫色のようなピンクのような着物で、

私の母が私が七五三のときに着た訪問着で、

私も娘が3歳のときに着た。

そのほぼ30年ものの着物、なんだか少し薄汚れている。

 

それならば、一度、呉服店経由で丸洗いしよう!

そのときに、この着物は入学式に着ていくのはどうなのかと

聞いてみようと思い立った。

 

あちこちのママさんたちに聞いたけれど、

誰も”懇意にしている呉服店”なんてなかった。

そういう年代ですよ。

「帯紐とかもあるの?」と聞かれ、

帯紐って…帯締めのこと?帯揚げのこと?と聞き返したほど。

そんなわけで、私が突撃隊!と近所の呉服店に行ってみた。

 

「入学式、これで大丈夫やで!これは訪問着やわ。

染みもないし。これにあう帯揚げと帯締めの色?

お母さんに帯借りるんなら、ついでにそれらも借りたらええわ。

売っている人が言うのもなんやけれど、なんでも合うで~」

とおじさんに言われた。

 

というわけで、丸洗いに京都まで私の着物は出かけた。

後は母から草履と帯揚げと帯締め借りて…と

借り物競争の世界へ突入。

色のセンスがいまいちだったら、帯揚げと帯締めは買って…と

いま着物をネットで見るのに忙しい。

洋服はドレスを見ても、いまいちテンション上がらないけれど

なんで着物はこんなにわくわくするのかしら。

海外のパルたちに「今年の目標は?」と聞かれたけれど、

「着物を5回着ること」にしようかと。

1回目は入学式(訪問着)、2回目はピアノ発表会(小紋)、

夏祭りの浴衣もカウントして、どさくさに紛れてママ友ランチに

小紋で行く。暑くなる前にせっせと着物を着たい。