読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

小学生男子という人種

未分類

 

息子の友達が我が家に集合することが多い。
現代っ子は6人いても鬼ごっこなんぞは始めない。
DSで通信ゲーム。
各自がDSを持ち、黙々と静かに…なら文句はないのに
「いけいけー!!」
「こいこいー!!」
「おら、殺すぞ!」
「死んどけ!!」
っていうのを2時間ほど聞かされた日には、
さすがに温厚な私も堪忍袋の緒が切れた。

一応、息子のためを思い、みんなを笑顔で送り出してから、
「二度と家に呼ばないで!」と雷が息子に落ちた。
小2の息子は「汚い言葉を使ったのは僕じゃない」と言う。
ええ、その通り。
「っで、あれは誰?誰の友達?」「…僕の。」
では、選択肢は2つある。
「お母さんから、汚い言葉の子は家には入れない!と通告するか、
太郎が自分で友達に汚い言葉を使うのを自粛するように言うか。
好きに選んで頂戴。」と選択させた。

夫は「小学生男子は、あのくらいはふつう」というけれど、
そもそも私は下品で騒がしい小学生男子は嫌いだから!
ちんことうんこさえ言えば、笑える人種で、
会話は文章ではなく、単語や二語文、三語文の世界。
ポケモン する?」「俺 するで」「俺も」
もうちょっと文章長く、意味がある言葉をしゃべって!と
思ってしまう。

そんな話を同じく小学生男子と女子がいるママさんに話した。
「男子は高学年になっても、単純でかわいいわよ~。
クッキーを焼いても、”うめー!うめー!”って食べる。
女子に同じクッキー出したら、”プレーンクッキー?結構です”
って、残したのよ~!!
私の手作りプレーンクッキーは食べられないんだって!」と憤慨していた。
お高くとまった女子に比べて、小学生男子はかわいいわよ~と。

その翌日、また男子6人がやってきて
太郎が私にお伺いを立ててきた。
「今日は、みんなに”死ね”も”殺す”もナシって言った。」
次は遊べなくなるから、と我が家でのNGワードを通達したらしい。
ゲーム中、
「倒してください、っていうのはええんか?」
「はよしろやー!は、アウトか?」
と、男子たちが確認してきた。
「ぶっ倒す!」の代わりに「成敗!!」と連呼していた。

女子は1を聞いて10を知るの世界ですが、
男子は15まで聞いても7くらいしかわかってもらえないものだと
わかっていたけれど…
応用とかは本当に無理なのね~と改めて思った。
「ジジイはアウトなんやろ?おジジイさまは?」と
聞いてきたのはうちの夫。
小学生男子が成長してコレ。悟りを開けそうな気分。