読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

ダイエットとお礼の言い方

海外文通

 

夫とダイエット中。
スーパー糖質制限(三食すべて糖質制限すること)なんて無理なので
腹八分運動展開中ですが、夜になると
「ひもじぃぃぃぃい」と夫と語りながら寝ている。
私たちの中では7キロは減ったね!というひもじさなのに
1キロしか減ってない。

そんな私にアメリカのパルからメールが来た。
もうすぐ息子さんの結婚式があって、
娘さんの結婚式場見学に余念がないアメリカのパル。

"You are a very generous person and a lot of fun
to 'talk' to."
(あなたって、本当に太っ腹で、話してて楽しいわ)

太っ腹って、いま禁句だから!
generous person:気前がいい、寛容、太っ腹…

彼女はスヌーピーミッキーマウスが大好き。
ダウントンアビーと『傲慢と偏見』とドラマの話で
いつも盛り上がっている彼女に
スヌーピーの文具を送ったんです。
5000円分!
・・・ではなく、500円分。
それで、「なんて気前がいいの!」なんて言われると、
いやぁ、それ言い過ぎ…と思うのですが、
これがきっとロンドンのパルの言うアメリカ人のオーバー表現、
ってことになるのだろうと思う。

「お礼はオーバーに言うように」というのと
「3回はお礼を言うこと」と夫の母が言っていて、
それだけは守っている。
受け取った側にも些細なことでも、「まぁ、ありがとう!」と
もらったときにお礼を言い、
次に会ったときにも「この前はありがとう!」と伝える。
そして、忘れたころにも「前はありがとう!」と。
受け取った側がやりすぎ?と思うくらいにやって、
ちょうどいいくらいなのよ、というのが義母の持論で
それはそうかもしれない、と思ったりする。
感謝のオーバー表現と繰り返し、私もしようと思いつつ、
なかなか難しい。

去年、夫が運転していて私がドアを開けて降りると
ちょうど側溝の隙間が開いているところに私が最初の一歩を入れ、
ぐきっと重度の靭帯損傷をした。
「わざと私が側溝の隙間で落ちるところに停めたでしょ?
絶対わざとやろ!」とその場でもブーブー文句を言い、
その後も、「死ぬかと思ったわ」とオーバーに痛さを表現し、
「あの時はすてきな位置で駐車していただき、ありがとうございます」と
何度も感謝の言葉を述べてます。

 こういうのは得意なんだけれど…。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村