読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

趣味が同じで同じ本?!

バージニア州のパルとは共通点がたくさんある。
観ていたドラマがほとんど同じで、映画の趣味も同じ、
ダウントン・アビーファンのところも同じで、
『傲慢と偏見』について熱く語ってしまうところも同じ。
そんな私に彼女は「あなたは私と同じで学校でボランティアなんて
するものじゃないわよ。」と手紙の中で書いてあった。
意見を言わずに、学校にただ従う人でなければ
スクールボランティアなんてできないのよ、と。
あら、アメリカでもそう?と手紙を読みながら、長電話気分。

彼女とは趣向が近いのだろうと思っていたけれど、
私が手紙の最後に「いま読んでいる本は…」と紹介していたのが
『名探偵のコーヒーの入れ方』

 

名探偵のコーヒーのいれ方 コクと深みの名推理1 (ランダムハウス講談社文庫)

名探偵のコーヒーのいれ方 コクと深みの名推理1 (ランダムハウス講談社文庫)

 

 
私の中では緩慢すぎて、山も谷も見せ場もなさすぎて
こういうのがコージーブックスだと
わかりながらも、1冊でごちそうさん、な気分にさせられた、
と手紙の中で書いた。

「私、あなたと同じときに同じ本を読んでいたわよ!
そして、私は今シリーズの2冊目よ!」と。
えっ?同じ本を同じ時期に示し合わせたわけでもなく?と
手紙を読みながら私も驚いたけれど、
彼女も私の手紙を読んで、「嘘?!」と思ったらしい。

彼女の娘さんがちょうど本の舞台、NYの街で働いていることもあり
彼女は情景が思い浮かんで楽しんで読めているらしい。
そうか、あの本は西村京太郎の特急シリーズや
2時間ミステリードラマのように
「地元が舞台!!」と楽しむものだったのか。

 
「いまは何を読んでいるの?」と彼女に聞かれたけれど
いまは着物の雑誌を夢中で読んでいる。
着物の色合わせ、奥が深い。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村