読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

洗練?前衛?

家庭訪問前の仕上げとして、花を買った。
玄関の一輪挿しとリビングに入れる大きな花瓶用。

いままで行ったことのない通ったことがあるだけの花屋で
「ブーケを作ってください」と話すと
「どんな用件で?」と聞かれたので、
家庭訪問です、と話すと、先週からず~っと家庭訪問に備えて
花を求めるお客さんだらけだったらしい。
考えることはみんな一緒か。

「どんな感じがいい?」と聞かれ、
「白と緑が基調で、洗練された感じ」と注文したら、
「ピンクも入れていい?はずれがないよ~」から始まり、
花瓶が高さがあって、口が大きいことを話すと、
「高さをつけたら面白いわよ~」となって、
「下も派手な花を」と、どんどん色も加わって、
完成したのがこちら。

f:id:bitter-chocolate3:20170422152607j:image

あれ?白と緑で洗練って、こんなんだっけ???
私では選ばない花が入ったブーケ、
これはこれで素敵だと思う。
夫には「アバンギャルド」(前衛的)と言われたけれど。
なんで、そこだけフランス語?と思ったけれど、
英語でもアバンギャルド、Avant-gardeとそのまま使われていた、
sushiと同じか。

花屋でブーケを頼むと、リクエストはほぼ毎回同じなのに
それぞれに仕上がりが違ってくるのが面白い。

玄関の一輪挿しは、前衛的にせずに、
平々凡々に「ガーベラだけで」とガーベラ色違いに
緑をプラス。

花があるって、癒されるわ~。