読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

価値観と性格と

アメリカのパルから来た手紙に書いてあった。

"People are entitled to their viewpoints,
and who am I to say that I am right and you are wrong.
I have never understood that mentality."
(みんな自分の価値観を持つ権利があるのよ、
どうして私に私が正しくて、あなたが間違っていると言えるかしら。
自分だけが正しいと思える神経を一度も理解したことないわ。)

who am I to say:私が言うのもおこがましい

これ、暗記して、英語で言ってあげたいわ、という人が
数人、脳裏に思い浮かんだ。
本当にそうよ!!
価値観はそれぞれなんだから、法に違反しない限り、
放っといて~!!
Let me alone!(ほっとけ!)
Mind your own business!(大きなお世話よ!)
I do what I want.(私は私のしたいことをするから!)
という”血気盛んな”と形容される私から
「争いは好みません…」と、どちらの味方もせず、
中立を貫く娘がなんで育ったのかしら…と不思議。

私は花子の思考回路が理解できないわ~とスイスのパルに愚痴り、
「私は花子と同じ思考回路だから、よくわかるわ!
なんでも聞いて!」と言われてしまった。

「家庭訪問はどうだった?」と数人のパルから聞かれたけれど、
花子は例年と同じく、
「中立で、冷静、トラブルにもあまり関与しない」と評された。
あっ、正確には周囲に興味がなくて、
トラブルに気づいてないだけですけれどね。
席替えしても、両隣と前後の席の子しかいつまでたっても覚えてない。
「友達関係で親子ともども振り回されたことがある」なんて話を
アメリカのママさんから聞き、
(末っ子も高校卒業した先輩ママさん)
友達と濃密なのと希薄なのと、
もうなにがいいんだかわからなくなってきた。
帰宅した娘を「あなたも大変ね~」と労って、
「気持ち悪い」と言われる。
あぁ、反抗期…。

とりあえず、
"I am enjoying our correspondence so much!"
(私は私たちの文通をすごい楽しんでいるわ!)
と手紙に書いてくれたアメリカのパルにでも愚痴ろうかと。
この2週間ほど、私が何をしていたか、と聞かれた。
掃除、掃除、掃除!ほかに質問は?という日々でしたが、
こどもたちの思春期と反抗期のややこしさについて語らなければ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村