読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

Best Teachersで無料体験やってみた。

オンライン英会話の体験レッスン、
もうひとつやってみよう!とやってみた。
今回はBest Teachers。

このBest Teachers、一般的なオンライン英会話とはちょっと違う。
何が違うか、”書く”んです、英作文。
いくつかのジャンルがあって、英作文を5往復が第一条件。
5往復…チャットする。(ただし、すぐに返信はこないことも)
そのチャット5往復が終わると、今度はそのチャットの文法が修正され、
その修正された文章をネイティブスピーカーが読み上げた音声が添付され、
その音声を練習してから、Skypeレッスン。
Skypeレッスンまでの道のりが長い!これ、忙しい人、大変かも…。
Skype予約は講師の国籍さえ選ばなければいろいろで、
フィリピン、クロアチア南アフリカ共和国、イギリス、アメリカ。

私が選んだ講師は、”ガイアナ共和国”、イギリス連邦加盟国で
公用語は英語。
とにかくフレンドリーな講師らしい。
(講師を予約するとき、生徒たちにより講師評価を見て選べる。)

私の修正された自己紹介文章、チャット5往復を1回読み、
あとはフリートーク
これもオンラインレッスン前に「フリートークしたい」
「文法や発音は都度、修正してほしい」といったリクエストの有無を
チェックする欄がでてきて、すべてチェックしたけれど、
それほど修正されず。

フリートークで「男女どちらの子どもが育てやすい?」と聞かれ、
男の子のお母さん大好き~!っていうあの体いっぱいの愛は
娘からはあまりないので、ものすごくうれしい…
まぁ、彼女ができるまでだろうけれどさ、と話すと、
「いやいや、ママはいつだって女王様さ!
例え、車の席が助手席から後部座席になってもね。
妻は僕にとってはプリンセスだから。」と
あま~い!!言葉を聞いたり、
「いつから年齢がどうでもよくなる?」という話で、
私は30過ぎだったけれど、彼は20過ぎたらもう一緒だよ、と
年齢トークをしたり。
レベルチェックも、Best Teachersでもあった。
ガイアナ共和国のインターネット状態に不安を感じたけれど、
ふつうでした。音声はちょっとクリアとは言いがたかったけれど。

そして、レッスン終了後には講師からの評価が返ってくる。
「たまに動詞の間違いがあったけれど、自分を表現するのがうまく
コミュニケーションに支障がでるほどではない。
複雑な構文を聞き取ることに改善の余地あり。」
という英語での甘口なんだか辛口なんだかの評価が
講師から送られてきた。

そして、日本語でも丁寧な評価がBest Teachersから送られてきて…
A4で4枚。
リスニング、発音、語彙力、表現力、文法とあって、
中級の5段階評価の3だった。正確には分法だけ2!涙。
この中級、すべてのアドバイスにでてきていたことが
”得意な分野に関しては上手にできる”、と。
不得意をなくしていきましょう…と何度も繰り返し書かれていた…。
おすすめは毎日5単語ずつ英単語を覚えたり洋書を読む、
海外ドラマを見る、といったことらしい。
海外ドラマ、すでに本日は2時間”Major Crimes" season5
2話分を見たので(字幕つきで。。。)ノルマ達成かしら。
”Be my guest."(お好きに)とドラマの中で言うのを聞き、
美女と野獣』!!と一人、興奮してしまった。

www.youtube.com