ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

娘の文通相手に写真を送る

娘にもなぜか順調にペンパルができている。
アメリカにイギリス、フィンランド、オランダにそしてラトビア
ほとんどが娘と同じ年齢の女の子たちで、
手紙の内容は、
「何色が好き?私はピンク~」
「アイスクリームって、チョコレートが一番好き。あなたは?」
「私の一番好きな動物はパンダ。あなたは?」
といったぐあいに、「三行日記か!!」と突っ込みを入れたくなるほどの
ハガキに書いても余白ができるだろう内容と分量を
手紙でしている。
(娘たちは母国語で書き、その下にママが英語で翻訳する方式)
シールやお絵かきといった付属品で重かったりするけれど
外国のシール交換をみんな楽しんでいるらしい。

そんな娘の新しい文通相手は私のラトビアのパルの娘ちゃん。
同じ11歳の女の子。
「髪をのばしているところなの。あなたは?」というレベルの
また3行日記状態だけれど、
「花子からの手紙が届いたわ!どのくらいうちの娘が興奮しているかを
あなたに伝えたくて!!」と
ラトビアのパルからメールがきた。

ラトビアのパルの娘ちゃんは一足お先に夏休みに入り、
2週間のサマーキャンプに出かける前日に娘の手紙は届いたらしい。
ということで、返事がちょっと遅れる、と
メールにあった。

ラトビアはもう夏休みか…。こっちは夏休みまであと1ヶ月以上よ」と
娘は自分の手紙がラトビアに着いたことに興奮もなく、
すでに夏休みを満喫中のラトビアの同じ年の女の子の存在に
「ブルーだわ。」と憂鬱になっていた。
夏休みって…日本の夏休みはあんなにたくさん宿題があるのに
本当に夏休みがきてほしい?と、つい聞きたくなるほど。
ラトビアはきっとほぼ3ヶ月の夏休み、宿題なんてないことを知ると
娘はもっとブルーになりそうなので、言わないことにしよう。

彼女が送ってくれた子どもの写真は海を背景に絵になる姉と弟。
私が送ったこどもたちの写真は、
ピコ太郎とミニピコ太郎が同じ金色の衣装を着て
ミニピコ太郎の顔部分がくりぬかれてそこから満面の笑みで、
我が家のこどもたちが顔を出している。
日本らしい、ということで。。。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

広告を非表示にする