ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

それぞれの忙しい理由

カナダのパルから「年度末で忙しくて全く手紙を書く時間が無い」と
Whatsappでメッセージがきた。
彼女はカナダの小学校の先生。
6月で学校の一年は終わり、夏休みが明けると学年が上がる。
きっと通知表やなんやかんやで忙しいのだろう、
どこも年度末は大変なんだろうなあ~と思う。

彼女にも「大丈夫、私もいま忙しいから。」と答えたら
「なんで?」と聞かれた。

まずは…水曜から末っ子が39度の高熱で、
この6月なのにこどもたちの小学校でインフルエンザが流行っているので
(6月で!6月に!?)
12時間経ってからインフルエンザ検査をするも陰性。
しかし2日経っても全く解熱する気配はなく、
かかりつけの小児科を受診するときは40度超え。
「頭が痛い、足が痛い」と関節痛を末っ子が訴えると
「次郎君はあそこの小学校か!
あそこだけなぜかインフルエンザ流行ってるんだよ。
ついにうちにも患者が来た!」と喜ばれた。
「これはもうインフルエンザだ!」
と言われ2回目の検査をするものの陰性。

「あそこの小学校だけインフルエンザが流行っているのは
陸の孤島だからだって言われたわ~」とか
「ど田舎だから、冬のインフルエンザが遅れて6月に来るの?」等、
こどもの高熱で小児科を受診したママさんたちも
小児科でいろいろ言われたもよう。
どんだけど田舎扱いされる地域なんだか…。

末っ子の発熱は周期性発熱かもしれない、と抗生剤が効かないので
思い始めたところへ、真ん中の息子まで発熱。
「さすがメイ家!本領発揮!」とママ友に言われる。
小児科へ連日のように子どもを替えて受診で忙しい。

カナダのパルとは「また連絡をとりあおうね~」というメッセージで終わった。
パルたちの中には手紙だけの文通をしている人も多いけれど、
whatsappやLine、Eメールで近況報告しながら文通しているパルも多い。
手紙だけの、のんびりとしたやりとりも好きだけれど
WhastappなどのSNSを使いながらの文通も現代らしくて
アリだわ~と思う。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

広告を非表示にする