ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

生理の呼び方

女性限定?の話になるかもしれないけれど、と前置きしつつ、
各国の”生理”の表現って、結構、面白い。
日本でも女性によりさまざまで…
若かりし頃はやたらと隠語を使っていた気がする。
「月のものが…」とか「アレが…」と語尾をだんだんと小さくして
恥らっていたのはいつまでだったか。

いまではもう普通に”生理”と言うけれど、
”女の子の日”という言い方もする。
ええ、もう月に数日しか女子になりません。
そんな話を香港のパルとしていたら、香港では生理のことを
”M到”と言うことを手紙で知った。
M到のMってなに?とLineでつながっている香港のパルに聞くと
Menstrural Period(生理)っていう英語由来じゃないの?と。
若い人は姨媽到って言うらしい。
意味は、「おばさんがきた」。
これ、台湾でも同じように大姨媽と呼ぶらしい。
他にも好朋友(良い友達)と呼ぶこともあると台湾のパルが
Lineで教えてくれた。

中国人で朝鮮族の友人はいつも「客人来了」(客人が来た)と
生理が来たことを言っていたのを思い出した。

友人の中にも生理期間中は2日ほど寝込むほどに生理痛がきつい人や
激痛のあまり意識を失って救急車で運ばれた人もいる。
私はそれほど痛みはないものの、ホルモンバランスのせいで、
いつもよりやっぱりイライラして、沸点低めのテンション低め。
大抵は、私のイライラから夫が「もしや…そろそろですか?」と
腰を低く質問してくるけれど、たまに気づかない。
そういうときは、
「これから、ハリネズミのようなピリピリモードで
反抗期のようにとがっていく期間だから、そこんとこ、よろしく!!」と
夫に宣言して、「勘弁してくれぇ…」と言われている。

生理とはなかなか好朋友(よい友達)にはなれそうもない。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

広告を非表示にする