ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

手芸はお好き?

イランのパルが、疲れたら無性に刺繍をしたくなる、とLineで言っていた。

わかるよ、その気持ち。

無心にできるものがいいのよね。

刺繍とか編み物とか数えたりするものは苦手で、私は延々と運針の刺し子が好きで、

花ふきんをたまにちくちくしてます。

自分の指にも、ブスブスっと指してしまいながら。

「刺し子って、どんなの?」と聞かれ、私の8割完成品を見せたところ、

「う・美しい!!」と絶賛されました。

刺し子は素朴な温かみがあって、いいのよね~と。

気分は小学生時代によくやった漢字の大量生産と同じで、無の境地になる。

いまなら、悟りもひらけそう、と誤解する瞬間です。

アメリカのパルが私に手作りの品を作ってくれているらしい。

「大きなプロジェクトよ!」と。

なになに?と聞きだすと、パッチワークでベッドカバーを作成中らしい。

パッチワーク?!すごいね~、そんな趣味があったの?と聞くと、

初挑戦だそうです。

初挑戦で、そんな大ものに手を出すとは。

「あなたの一番大きい作品は?」と聞かれ…私は子どもの昼寝用シーツでした。

だ~っと直線縫いだけの、もちろん、ミシンで。

気が短い私は完成に1週間もかかるのは苦手で、3,4日で完成する、

というレベルがお気に入りです。

花ふきんは1枚に3日くらいかかり、それでも10枚近くはあったものを、

祖父母宅に持っていったり、母に押し付けたり。

最近は、娘が学校の調理実習で使うわ~と新品を持っていき、

真っ黒にして持って帰る…。

あぁ、これ3日かかったのに。。。とちょっと涙。

ものごとには順序があって、まずはお皿を拭いて、

ちょっと薄汚れたら台拭きにして…とか小さいことを言い出したくなる。

ちくちくとした花ふきんを使っていると、

”丁寧な生活をしている私”というものに浸れる。

ええ、例え、ダイニングテーブルが乱雑なままだろうと、

ダイニングテーブルの下に子どもたちが遊んだままのおもちゃがあろうと。

手芸は現実逃避なのよね~というパルに激しく同意。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村