ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

hunって、ふん?

海外のパルたちと英語でチャットや会話をしていると、

わからない単語がでてくることがよくある。

そういうときは、流れで推測したり、その単語だけスペルを教えてもらって

調べたりするのだけれども、

ほとんどは、「多分、こんな意味かな?」と推測して、

会話を続ける。

話した場合だと、「あれって、本当は何?」と思っても、すぐに忘れるけれど

チャットやメール、手紙だと、

そういえば、あの単語を辞書で引いておこう~と思い出すことがたまにある。

そして、「あれ?!思ってたのと全然違う…文脈も変わる…」と

かなり経過してから気づいたりする。

先日、ちょっとショックなことをアメリカのパルに言われ、

それは日本語と英語のニュアンスの違い?

どうなの?とカナダのパルとチャットしたときに聞いた。

”I wouldn't worry about it hun." と彼女は言った。

いつもいライラしている人って、どこにでもいるものよ、と続いていたので、

私は「そんなこと心配しないわ、フン。」と訳した。

怒ったときに言うフンって、英語でも”hun"なのね~くらいに。

でも、一応、”hun"を調べてみようと調べたら、

怒ったときには”Ha!”でした。。。

私がフンって訳した”hun”はhoneyのチャットでの略語だとでてくる。

そうなの?honeyの略語?とカナダのパルに数日経ってから聞いたら、

「友達みんなにいつもそう呼んでいて、親愛表現よ。なんで?」と聞かれたので、

日本では怒ったら、「ふん!」って言うので、

英語でも同じだと思ってたわ~と話したら、笑ってました。

こういう思い違いの英単語、わかってないだけで、いっぱいありそうで怖い。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村