ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

妹と日本語

妹がプロポーズされたらしい。

9つ下の男性に!

本人は「結婚って、こんなものかなぁ~」と言いつつ、

30分ほどのろけを聞かされました。

「君は完璧なケーキみたいに甘い!」と毎日のように言われているんだとか。

日本語で聞くからか、もう甘すぎる言葉に思わず爆笑。

す、すいません、日本語ではなく英語で言ってください、と

言いたくなるほど。

日本語って、甘い言葉に適さない言語に違いない。

誰が言っても甘い言葉は似合わない。

妹はワーキングホリデー歴も長くなり、

最近は日本語がかなり怪しいと私も母も思っている。

例えば、「結婚式には、おしろいを着たい。」と。

・・・おしろいは塗るんですけれど、

それはもしかして、白無垢では?とつい言ってしまったほど。

先日、妹が働くレストランに英語ができない日本人が来店したらしい。

「おい、日本語しかできないから、接客してきて。」と

日本人の妹は言われたらしい。

「こちらのレストランではスープはサービスで無料です。」と

言うつもりが、

「ココ スープ、タダ。いる?」と言ってしまったようで、

あの店員さん、日本人じゃなかったね~と日本人のお客さんに言われていたのが

ばっちり聞こえたらしい。

「中国人っぽくもなかったから、タイ人じゃない?!」と。

この話は私と実母で爆笑。

子どもたちは妹の彼か夫かと会える日をとても楽しみにしている。

「早く会いたい~!」と話すこどもたちに、

「くさい!とか言わないように!」と。

体臭が日本人とは違う…そうです。

文通とスカイプではわからない世界だわ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村