ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

コンタクトレンズ

ふと思い立って、コンタクトレンズをすることにした。

高校入学とともにコンタクトにして、子どもが生まれてしばらくまでコンタクトレンズでしたが、

その後は眼鏡生活。

新生児と不規則に寝て、起きてを繰り返しているときに

コンタクトレンズというのはとても面倒で、眼鏡にしたんだった…と感慨深い。

その後、夫や友人、家族に「コンタクトにしたら?」と眼鏡、似合ってないことを

暗に匂わされながら、

「外見を気にする必要性を感じない」と眼鏡でした。

それがなぜ急にコンタクトレンズにしたか。

子供会で暑い屋外で活動すると、眼鏡では汗が拭きにくいし、

温度差がある部屋に出入りするたびに眼鏡は曇るし…と思っているところに

「メイって、前から思っていたけれど眼鏡していないと芸能人の●●に似ている!」と言われまして…

あまりにも似てなさ過ぎて、

「わかった、どこのケーキを買って持っていけばいい?」と聞き返すレベルでしたが

気をよくして、コンタクト。

コンタクトレンズを久しぶりに買いに眼科に行くと、

なんと7年ぶりでした。

そして、久しぶりのコンタクトレンズ、”眼鏡のない私”という

ものすごく懐かしい人に出会った気分。

ちょうど、「なにしてる~?」とLineをくれたアメリカのパルに

「コンタクトを買って、7年ぶりにつけたところ!」と話したら、

「私もしたいと思いつつ、怖くてできない。」と言っていた。

コンタクトレンズをつける、英語でなんて言うのか調べたら、

wear contact lenses だそうです。

眼鏡をかける、も wear glasses だったので、同じwearなのね。

眼鏡とコンタクトのwear は着る、身に着ける、の延長線上で

ネックレスも wear。なぜだか、ネックレスだけものすごく違和感がある、

wear ?と。

コンタクトレンズ、子どもたちにはとーっても不評で

夫に「お母さんは目の中に眼鏡を入れた。」と聞かされた末っ子は

「痛そうだからやめて!」と言うほど。

「なんか変ー!!」と小学生の娘と息子にも言われてますが、

これが私の素顔で、なんか変って、どれだけ失礼なんだ。

親の顔が見てみたい…。

カナダのパルにも「コンタクトよ~」と写真を送ったところ、

「とっても素敵よ!」とお褒めの言葉をいただきました。

かかりつけの眼科医はコンタクト否定派なので、「8時間ですよ!」と

コンタクト使用時間について何度も言われました。

8時につけたから…と、いまのところきっちり時間を守っている私、

気分は門限が早い箱入り娘。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村