ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

『ワナジャ』

 Amazonプライム、たまに意外な映画に出会う。
『ワナジャ』 

『ワナジャ』

『ワナジャ』

  • 発売日: 2019/10/20
  • メディア: Prime Video
 

 インド映画…なのか?
インド映画だと疑わずに観たけれど、最後のクレジットタイトルで
びっくりした。
コロンビア大学美術学修士号取得のために提出」と。
これ、修士論文のような卒業制作だったの?
それなら…とちょっと評価を上げそうになった。
学生なら、すごいなぁ、と。

あらすじは、下位カーストのワナジャが踊り子に
「良い踊り手になる」と言われて踊りを学ぶために
女地主の家の召使になるところから始まる。
アル中の父親にカースト制度、そしてよくあるストーリー。
正直、ハッピーエンド…ではないような気もする。
いや、あれがあの世界では限界のハッピーエンドなのか?と
ストーリーにはとても満足できなかったけれど、
踊りがすごい!
ワナジャの踊りにただただ魅了される。
それに独特な早口言葉のような音楽も。

音楽は抜群だけれど、ストーリーはいまひとつな映画、
パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』。

 

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト(字幕版)

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト(字幕版)

  • 発売日: 2016/02/04
  • メディア: Prime Video
 

 あれもヴァイオリンが最高!!
デヴィッド・ギャレット(ヴァイオリニスト!!)が
主人公のパガニーニをやっているんだから当然…。

しかし、このワナジャ役はプロのダンサーではないと知り、
ますます愕然。
すごいわ~、踊り。
ストーリーではなく芸術鑑賞として観る映画かな。