ショコラ日和

海外文通を通して、世界の友達と井戸端会議しています。

名誉職

町内会の役員さんから名誉職のお誘いをいただいた。
またきた、名誉職!無報酬。
「若くてモノ申す人材にやってほしい!」と話すと、
メイさんを推薦されました、と言われた。
…羊のマスク、かぶっているつもりなんですけれど、
いつぞやの強風で飛んでます?
羊のマスク外れてます?
若さは否定しませんけれど!

お話を聞くと、とてもそそられる話だった。
「教育関係に強い権限を持てる、学校にモノ申せる役職」って…
すごく惹かれるフレーズでしょ?と家族に話すと、
「いやいや、その役職なくても、こないだモノ申したんでしょ?」
と言われる。
確かに…でも、あれは積もりに積もった4年分で、
例年行事なわけではないので、数に入れない。

相談しやすい先生もおらず、そういう窓口も学校にはない、
PTA役員さんにも学校にモノ申す人は少ない地域に住んでいるので、
「どこかに学校との窓口になり、交渉してくれる人いないの?」
ということを私も何度も思ったことがある。
その窓口の役職、あったんだ!!
でも、私も知らなかったほどに知られていない。
これは…といつもの安請け合いをしかけて、友人に
「しばらく考えて!」と言われる。
ぬか漬けじゃないんだから、しばらく経ってもおいしくならないのに。

”権限がある”とは名ばかりの役職もたくさんある。
そもそも出席さえしていればよくて、
意見を言うことも求められていない会議もあった。
もしくは、PTAで、くじ引きで決めた役職の名ばかり上司なのに
その上司が「私がボスだから、その意見は通さない」
と言うような人だった、なんてことも経験してきた。
”名ばかり役職”とか”権限がない”のに無報酬で
時間だけとられるは無理です…と
丁重にお断りしようと思ったら、~役員と~役員の上です、と。
いきなりそこまで登れるの?!
(急に若造がそこへポンと座る、その是非もあると思うけれど)

「すぐに返事をしてはあかん!」と友人が何度も言うので
私なりに調べてみた。
感想は、「家事と同じ」と。
無報酬で、多大なエネルギーが必要で、
やろうと思えば、際限なくできて、
やらないでおこうとすれば最低限で済ませることもできる。
もうちょっと悩もう。